@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボローニャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボローニャ
Bologna
イタリア北部エミリアロマーニャ州州都。ボローニャ県の県都エトルリア人によりフェルシナと呼ばれた都市で,前1世紀にはローマ化され,ボノニアと称した。その後ビザンチン教皇の支配を受けたが,12~16世紀には独立の自治都市となり,法学のボローニャ学派,絵画のボローニャ派など学術,文化が栄えた。 1506年再び教皇領に戻り,その後,3世紀間の平和と繁栄を楽しんだが,1849年オーストリア領となり,60年サルジニア王国に併合された。鉄道,道路交通要地で,第1次世界大戦までは農産物の集散地として重要な役割を果したが,その後工業も発展,製鉄,電気器具,製靴食品の諸工業が立地し,都市計画に従って郊外に住宅団地が発展,大都市圏を形成している。 13~16世紀建設の城壁内には,マッジョーレ広場を中心にコムナーレ宮,ポデスタ宮,海神像噴水,1390年以来の建設でゴシック様式の聖ペトロニオのバシリカなどのすぐれた建築物があり,サレルノ大学,パリ大学と並んで世界最古といわれるボローニャ大学がある。 1964年より毎年春に国際児童図書展が開かれている。人口 38万181(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボローニャ(Bologna)
イタリア北東部の都市。アペニン山脈北麓(ほくろく)にある。12世紀ころ商業・学術都市として栄え、歴史的建造物が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ボローニャ
イタリア、オマス社の筆記具ブランド。2005年、同社創設80周年を記念して発売。万年筆ペン先に同社があるボローニャ市の彫刻。同市の風景をイメージした製品を展開。万年筆とボールペンがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボローニャ【Bologna】
イタリア北部,エミリア・ロマーニャ州の州都で,同名県の県都。人口39万4969(1994)。ポー平原の南東部とアペニノ山脈の山ろく部の丘陵とのに位置し,古くから北部と中部を結ぶ交通の要所であり,今日でも鉄道幹線,高速道路などの重要な中継地である。政治的には,左翼勢力の強い都市として著名。 エトルリア人が建設した都市で,その後,前189年にローマの支配下に入り,この都市に沿うアエミリア街道の建設とともに経済的に繁栄した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ボローニャ【Bologna】
イタリア北部、アペニン山脈北麓の都市。食品・木材・金属・精密機械などの工業が盛ん。交通の要地。中世以来ヨーロッパの学芸の中心地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボローニャ
ぼろーにゃ
Bologna

イタリア北東部、エミリア・ロマーニャ州の州都。人口36万9955(2001国勢調査速報値)。トスカナ‐エミリア・アペニン山脈の北麓(ほくろく)、レーノ川とサーベナ川に挟まれた平野部のエミリア街道沿いに位置する。イタリアの北部と中・南部を結ぶ重要な交通の要地、農産物の集散地。食品加工、製靴、木材加工、ゴム、金属、精密機械、プラスチックなどの多様な工業があるが、規模からいえば中小企業が一般的である。市中にはゴシック様式のサン・ペトローニオ大聖堂(14~17世紀)、14~17世紀のボローニャ派絵画のコレクションが収められるコムナーレ宮殿(13世紀)、ラファエッロの『聖女チェチリア』などが収蔵される国立絵画館、アシネッリ塔(98メートル)とガリゼンダ塔(48メートルで未完)という二つの斜塔(12世紀)、ジャンボローニャによるブロンズの彫刻像『ネプチューンの噴水』(16世紀)など、特記すべき美術作品・歴史的建築物が多い。1972年には歴史地区の保存と修復を目ざした本格的な施策が打ち出されるなど、都市計画に関してはファシズム期以来の伝統を有している。

[堺 憲一]

歴史

ボローニャの前身フェルシナFelsinaの起源は、ビッラノーバ文化が栄えていた紀元前9世紀にまでさかのぼる。前6~前4世紀のエトルリア人の支配などを経て、前189年ローマの植民市となる。その後、紀元後12~13世紀には、商業、穀作、絹・麻織物業を土台にして大いに栄えた。また11世紀に創設されたと推定されるボローニャ大学は、法学研究を主体として発展し、神学研究のパリ大学と並んでヨーロッパに名声を博した。1371年の人口は5万人といわれている。14世紀以降、絵画のボローニャ派の拠点となる。1513年からは教皇領となり、その状態がナポレオン時代(1796~1814)を除いてイタリア統一まで続いた。

[堺 憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボローニャ
(Bologna)⸨ボロニア⸩ イタリア北部、アペニン山脈の北側のふもと、ロンバルディア平原との境にある商工業都市。中世末期からフィレンツェと対抗した学芸・宗教の中心地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボローニャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボローニャの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation