@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボーキサイト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボーキサイト
bauxite
水酸化アルミニウム鉱物の集合したもので,おもなものは,ギブス石ベーム石ダイアスポア,非晶質含水アルミナなど。普通,褐鉄鉱石英,長石類のほか,ハロイサイト,カオリナイト,ノントロン石などの粘土鉱物と共生する。アルミニウムに富む岩石風化作用を受け,アルミニウム以外の諸成分の大半が溶脱されて生じる。熱帯地域に特徴的にみられ,大鉱床はいわゆるラテライト (熱帯地方の風化土壌) 中にみられる。ボーキサイトの鉱床は風化残留鉱床に属し,火成岩が風化作用を受けて生成したもの (インドの鉱床) ,不純な石灰岩ドロマイトが風化作用を受けて生成したもの (アメリカのジョージア州アラバマ州の鉱床) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボーキサイト(bauxite)
アルミニウム鉱石水酸化アルミニウム主成分で、酸化鉄二酸化珪素(けいそ)も含む。名は、南フランスの産地ボー(Baux)地方の石の鉄礬土(てつばんど)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

ボーキサイト
1821年にベルティエがフランスのアヴィニョン(Avignon)の(Les Baux)のhydoferroaluminousな粘土を分析して発表した[Bertier : 1821].これがデュフレノイによってbeauxiteとされ[Dufrenoy : 1847],後にデヴィルによってbauxiteと再命名された[Deville : 1861].ボーキサイトはかつて(Al2O3・2H2O)組成の鉱物と定義されたが,ギブサイト(Al2O3・3H2O),ベーマイト(Al2O3・H2O)と,これらの同質二像のダイアスポアなど数種類のアルミニウム水和物の集合であることがわかった.ボーキサイトの堆積物は重要なアルミナの資源鉱床で,理想的なものでは40~50%のAl2O3と20%のFe2O3を含み,SiO2は3~5%しか含まれていない.ボーキサイトは,一般に起伏の少ない安定した台地地域で地下水によって溶脱することで毛布状の堆積物として,火成岩,変成岩,石灰質岩などの地域で形成される.中には他の地域で形成されたものが再堆積したものもあり,大陸棚堆積物を伴うことがある.ボーキサイトはすべての地質時代に形成される.一般的にはギブサイトは第三紀および現在のボーキサイト堆積物に産出し,ベーマイトは中生代の堆積物に,ダイアスポアは古生代および古いボーキサイト堆積物に産出する特徴がある[Valeton : 1972].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボーキサイト【bauxite】
アルミニウムとアルミナの主要な原料鉱石。名前は最初の産地フランスのアルル地方のレ・ボーLes Bauxにちなむ。化学組成は一般的にAl2O340~60%,Fe2O31~25%,SiO21~10%,TiO21~10%,H2O12~30%である。Alは主として水酸化アルミニウム鉱物(ギブサイトAl2O3・3H2O,ベーマイトAl2O3・H2O),Feは大部分針鉄鉱,SiO2の多くはカオリンなどの粘土鉱物として存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ボーキサイト【bauxite】
アルミニウムの鉱石。水酸化アルミニウムを主成分とする灰色ないし赤褐色粘土状の鉱物。鉄礬土てつばんど

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボーキサイト
ぼーきさいと
bauxite
アルミニウムの主要鉱石の一つ。おもに水酸化アルミニウムの鉱物(ギブス石、ベーム石など)からなり、現在あるいは過去の、熱帯地方における激しい風化作用(いわゆるラテライト化laterization)の結果、アルミニウムに多少とも富む岩石、すなわち泥質堆積(たいせき)岩、閃(せん)長岩、玄武岩などから生成される。水酸化アルミニウムの鉱物は球顆(きゅうか)(スフェルライトspherulite、針状物質の放射状集合体)をつくりやすく、これに少量の不純物である赤鉄鉱や針鉄鉱が混入して、特徴的な球顆状構造をもつ岩石がつくられる。これがボーキサイトであり、一般に柔らかく、比重2.5以下、酸で分解しやすい。アルミニウムの精錬では、氷晶石と蛍石(ほたるいし)を加え、電気炉で熱して比較的低温で融解させ、電気分解を行う。日本ではほとんど産しないが、香川県屋島において、安山岩の溶岩台地の上にごく小規模な不純分に富む水酸化アルミニウム鉱物を主成分とする土壌様のものがみられた。英名は原産地フランスのボーBauxにちなむ。[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボーキサイト
〘名〙 (bauxite) アルミニウムの水酸化物を主成分とする岩石。赤褐色ないし灰黒色。酸化鉄や二酸化珪素を含む。金属アルミニウムや、アルミニウム化合物の製造原料として重要。原産地フランスのアルル地方のレ‐ボーにちなむ名称。鉄礬土(てつばんど)
※魔都(1937‐38)〈久生十蘭〉一〇「年五万瓩(キロ)の優良ボーキサイト(アルミニュームの原鉱)の採掘権を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ボーキサイト
ボーキサイト
bauxite

Al2O3・2H2Oに近い化学組成の鉱物.色は白,帯黄,褐色などさまざまであり,産状も結核状,塊状,土状などいろいろである.通常,酸化物のほか,ケイ酸,マグネシウムなども少量含む.必ずしも1種類の含水アルミニウム鉱物ばかりでなく,ジプサイトAl2O3・3H2O,ベーマイトAl2O3・H2Oを主成分とするものがある.金属アルミニウム,耐火物,アルミナセメントなどの原料として重要である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーキサイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボーキサイトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation