@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボース-アインシュタイン凝縮【ボースアインシュタインギョウシュク】

化学辞典 第2版

ボース-アインシュタイン凝縮
ボースアインシュタインギョウシュク
Bose-Einstein condensation

ボース統計に従う粒子からなる理想気体(粒子N,体積V)は,ある絶対温度 Tc 以下(Tc は2.612(2πmkTc)3/2/h3N/Vから決まる.mは粒子の質量,kボルツマン定数hプランク定数)では,エネルギー最低の量子状態にある平均粒子数がNと同程度の巨視的量となっている.粒子間の相互作用が無視できないような系の場合も含めて,ある一つの量子状態に存在する平均粒子数が巨視的量となっているとき,系はボース-アインシュタイン凝縮またはボース凝縮を起こしているという.この現象はA. Einstein(アインシュタイン)によってはじめて指摘されたもので,その後,F. London(ロンドン)によって液体 4He がT = 2.18 K で示す転移現象の模型として提唱された.液体 4He には二つの相,すなわち,HeⅠとHeⅡがあり,これらのうち,低温の相HeⅡはボース-アインシュタイン凝縮を起こした相と考えられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボース-アインシュタイン凝縮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボース-アインシュタイン凝縮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation