@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボートネック

大辞林 第三版

ボートネック【boat neck】
横に長く、前後に浅い舟底形の襟あき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボート‐ネック(boat neck)
セーターのぐりのデザインの一種。舟の底の形のようになっているもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集

ボートネック
ボートネックとは、緩やかな曲線両肩に向けて横に広く開いた、浅い船底型をした襟ぐりのことをいいます。くり方によっては首元をすっきり見せ、鎖骨をきれいに見せるといった効果があります。鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、船底の形のように見えることからその名前がつけられました。くられ方が浅く、首周りの露出が比較的少ないのがボートネックの特徴です。ボートネックの代表的なものにバスクシャツというものがあります。これはスペインのバスク地方の船乗りたちが愛用していた、ハンドメイドの実用服に由来しているボーダーのロングスリーブのTシャツのことです。また、ボートネックはドレスにもよく使用されています。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボート‐ネック
〘名〙 (boat neck) 襟ぐりのデザインの一種。両端が細くとがったボートの舟底のような形をした襟あき。襟ぐりを前後に浅く横に広く刳(く)ったネックラインのこと。ボートネックライン。
※羽蟻のいる丘(1956)〈北杜夫〉「ボートネックのワンピースからのぞいている女の鎖骨の隆起と」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボートネック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボートネックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation