@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボードビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボードビル
vaudeville
流行歌入りの軽喜劇。語源は 15世紀のフランス,ノルマンディのビールという谷間 Val-de-Vire (または Vaux-de-Vire) 地方で歌われた風刺的流行歌,あるいは「街の歌」のの voix des villesといわれる。 1674年 N.ボアローは著書『詩法』のなかで,ボードビルを風刺的な,またしばしば政治的なバラードであると定義したが,その後パリの定期市で開かれた小劇場などを経由して歌と踊りを組込んだ演芸をさすようになり,パリのボードビル座 (1792開場) のような専門劇場も建てられた。 19世紀には変化に富んだ軽快なテンポの娯楽的な音楽軽喜劇として世界中に流行し,特にアメリカでは 19世紀末から C.ケース,L.ラッセルらによって洗練されたショーとなり,ロシアでは,チェーホフらが1幕の単純な喜劇をボードビルと呼んで文学化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ボードビル(〈フランス〉vaudeville)
歌と対話交互に入れた通俗的な喜劇・舞踊曲芸など。また、それらを取りまぜて演じる寄席の芸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ボードビル【vaudeville】
フランス喜劇の一形態。その起源については諸説あって特定できないが,14世紀末から15世紀初頭,北フランス,ノルマンディーのカルバドス地方にビールVireという村(市として現存)があり,そこの一職人が歌が得意で,彼の作った風刺的な歌が谷を越えて各地に広まり,ボー・ド・ビールVau de Vire(vauはval,〈谷〉の意)と称された。やがてそれはボー・ド・ビルvaux de villeもしくはボア・ド・ビルvoix de ville(町の声)に転化し,16世紀には文字どおり民衆酒席で歌うシャンソン(リフレインを伴う)となって普及した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ボードビル【vaudeville】
フランスで興った歌・踊り・黙劇などが間に入る風刺的風俗劇。日本では歌・踊り・曲芸などを組み合わせた寄席演芸的ショーをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ボードビル
ぼーどびる
vaudevilleフランス語
今日一般には、アメリカ流の、歌、踊り、寸劇などを雑然と組み合わせた大衆的な娯楽演芸をさし、イギリスではバラエティとよばれている。しかし、元来は、16世紀フランスで流行した歌のことで、語源は15世紀、ノルマンディーのビルVireという地の砧(きぬた)打ち職人オリビエ・バッスランが風刺的な自作のシャンソンを歌っていたのが谷val(複数はvaux)を越えて各地に広まったことから、vaux de Vireさらにvaudevilleと転じたものという。また、以上は作り話で、風刺を意味するvoix de ville(町の声)に由来するとの説もある。当初は酒宴や仕事の合間に歌われるシャンソンであったが、のち、それらの風刺的な歌や踊りが演劇に取り入れられ、18世紀にはル・サージュらによるボードビル入り喜劇が流行、ボーマルシェなどにも影響を与えた。19世紀にはラビッシュの『イタリアの麦わら帽子』のごとき名作も現れたが、やがてオペレッタに座を奪われ、のち歌の入らない軽喜劇をさすようになった。
 一方アメリカでは、南北戦争以前からミンストレル・ショーminstrel showとよばれる演芸のほか、イギリス本土から移入されたバラエティを祖とする卑俗なボードビルがあったが、ボードビルの父といわれたトニー・パスターTony Pastor(1837―1908)が、1881年ニューヨークに開いたフォーティーンス・ストリート劇場で、従来の野卑なものに対して、本格派の歌手、コメディアン、曲芸師などを使った正統的で洗練されたショーを公演して成功、以後この種のものが主流となり、1890年から1920年にかけて全盛期を迎えた。1913年に開場したニューヨークのパレス劇場は全米一のボードビル専門劇場として、エド・ウイン、エディ・キャンター、アル・ジョルソンらが活躍した。しかし舞台でのボードビルは30年代以降ラジオ、映画、そしてテレビにとってかわられた。アメリカでのテレビ演芸番組はエド・サリバン・ショーをはじめ、ほとんどがボードビルの継承である。日本には大正中期に移入され、浅草オペラにも取り入れられたが、バラエティ、バーレスクとの境界はあいまいである。ボードビルを演ずる人をボードビリアンと称するが、コメディアンとの区別はつけにくい。[向井爽也]
『R・ナイ著、亀井俊介他訳『アメリカ大衆芸術物語』(1979・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ボードビル
〘名〙 (vaudeville) 歌と対話を交互に入れた通俗的な喜劇・舞踊・曲芸など。また、それらを取り混ぜて演じる寄席の演芸。バラエティー
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉酔美人「アメリカの街には何処にでもある寄席(ボードビル)で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボードビル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボードビルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation