@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ボールミル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ボールミル
ball mill
粉砕機の一種粉砕媒体として円筒の中にボールを入れ,原料とともに回転して衝突と摩砕により微粉砕を行う装置。円ライナー (内張り) は白鋳鉄または高マンガン鋼で,ボールには,鋳鉄,チルド鋳物,フリント石,天然石など原料により各種がある (天然石や石を使うのはペブルミルといって,普通ボールミルとは区別する) 。大きさは,小型は 1m未満のものから,径2~3mに及ぶ大型のものがある。筒の長さは直径をこえないのが標準型であるが,直径の数倍以上の筒長型のチューブミル,その中間のコンパウンドミルなどの種類がある。用途で最も大規模なのは鉱山選鉱場の湿式粉砕で,ほかに微粉をつくるときによく使用され,陶土染料などの最微粉の場合は,水を入れる湿式で,そのほかの場合は乾式で使用され,広い用途をもつ代表的な粉砕機である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ボールミル
 容器の中に粉砕するものを入れ,陶製,鉄製などのを一緒に入れて容器を回転させ,ボール同士やボールと容器の壁のぶつかる衝撃によって物質を粉砕する装置.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼーるみる【ボールミル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ボールミル
ボールミル
ball mill

もっとも代表的な粉砕機の一種で,形式・操作条件により,ミリからミクロンまでの粉砕に適用可能である.円筒状などの容器(ミル)にボールなどの粉砕媒体を入れ,ミル内を運動する媒体により衝撃・摩砕作用によって粉砕する装置である.媒体を運動させる方法として,多くはミルを回転させる方式をとるが,回転させながらさらに大きな公転運動をさせる遊星粉砕機,振動を与える振動ボールミルがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボールミル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ボールミルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation