@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポテンシャル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポテンシャル
potential
位置エネルギーは保存力場内にある質点の仕事をする能力を表わすが,この能力を保存力場そのものが潜在的にもつと考えるときに,位置エネルギーを力場のポテンシャルという。ポテンシャル U(xyz) はスカラー量であって,保存力 F の成分は Fx=-∂U/∂xFy=-∂U/∂yFz=-∂U/∂z で与えられる。この3式の和を F=-gradU と書き,右辺を U勾配という。静電気力は保存力であって,静電ポテンシャルは電位とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポテンシャル(potential)
潜在的な力。可能性としての力。「事故のポテンシャルを予測する」
ある粒子がもつ位置エネルギーを、位置の関数で表したスカラー量重力場の場合は重力ポテンシャルとよばれる。
電位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典

ポテンシャル【potential】
ポテンシャルは、製品・商品あるいはサービスの市場性・市場規模である。どこに市場があり、その市場規模はどれほどの可能性を持つかを検討する。すでに販売している製品・商品、サービスなら、成長市場にあるのか、成熟市場にあるのか、それとも停滞市場にあるのかを想定しながら、その市場規模を検討する。ポテンシャルは9Pのひとつ。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

ポテンシャル【potential】
ポテンシャルは、製品・商品あるいはサービスの市場性・市場規模である。どこに市場があり、その市場規模はどれほどの可能性を持つかを検討する。すでに販売している製品・商品、サービスなら、成長市場にあるのか、成熟市場にあるのか、それとも停滞市場にあるのかを想定しながら、その市場規模を検討する。ポテンシャルは9Pのひとつ。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポテンシャル【potential】
微分することによって力が導かれるような場所の関数をポテンシャルと呼び,力学,電磁気学などの物理学において場を表すのに用いられる重要な概念である。ポテンシャルをU(x,y,z)とするとき,ベクトル解析の記号で力Fは, F=-∇U=-gradU  ……(1) と表されるが,これはFx,y,z方向の成分をFx,Fy,Fzとすると,を意味している。このようにして与えられる力をとくに保存力というが,それは,この力を受けて運動する質点の力学的エネルギー(運動エネルギーと位置エネルギーの)が保存されるからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポテンシャル
ぽてんしゃる
potential

力の場の各点に位置のエネルギーが定まる場合に、それをポテンシャルまたはポテンシャル・エネルギーとよぶ。「ポテンシャル」は潜在的の意。運動の勢いとして顕在する運動エネルギーに対していう。両者の和が一定で、エネルギーは顕在したり潜在したり互いに移り変わることができるのは、投げたボールやジェット・コースターなどの例にみられるとおりである。

[江沢 洋]

力の場とポテンシャル

質点の受ける力が空間の場所により定まっているとき、その空間を力の場という(たとえば、太陽の周りの重力の場、ただし、太陽は空間に静止しているものとする)。力の場に基準点Aをとり、そこに静止している質量mの質点を静かに(速度、加速度がゼロ、したがって無限の時間をかけて)別の点Pまで運ぶ仕事量W(A-Γ-P)が途中の道筋ΓによらずPの位置P(x,y,z)のみで定まる場合に限り
  W(A-Γ-P)=W(P)=W(x,y,z)
なる関数をこの力の場における質点mのポテンシャルとよび、この種の場を保存力の場という。Pまで運ぶ仕事が途中の道筋によって違うということがおこるのは、たとえば力の場が渦を巻いている場合である(図A)。

[江沢 洋]

ポテンシャルの場

保存力の場における質点mのポテンシャルは空間の各点で値(スカラー)が定まっているので、これも場である。座標の原点Oに固定された点電荷Qがあり、質点mも電荷qをもっているとし、二つの電荷は同符号とすれば、質点mにはOを中心とし逆二乗の法則に従う斥力が働く。この力は保存力であって、ポテンシャルの場W(x,y,z)をもつことが証明される。質点mに働く力は斥力で、点Oに近づくほど強くなるから、mをOの近くまで運ぼうとすれば、それだけ大きな仕事をしなければならない。それゆえz=0の面上に限定してW(x,y,0)の値をグラフにすると図Bの(1)のような山の形(ポテンシャルの山)ができる。これがポテンシャルの場の一つの表し方である。この山はまた、等高線(等ポテンシャル線とよぶ)をxy面に描くことにしても表現できる(z=0に限定しなければ等ポテンシャル「面」で表現することになる)。ポテンシャルの山は、もとの力の場も表現している。実際、質点mを等ポテンシャル線に沿って運ぶのに仕事は不要だから、図Bの(2)の点Pで質点mに働く力は等ポテンシャル線に沿う成分をもたないことが、まずわかる。力は等ポテンシャル線に垂直な成分をもつのみだから、その成分をf(P)と書いてみる。質点mを静かに山の上方の点P'まで引き上げるには、質点に-f(P)の力を加えるので、-f(P)・PP'だけの仕事をすることになる。これがポテンシャルの増加
  W(P')-W(P)
になるわけだから、

が導かれる(正確にはP'→Pの極限をとる)。つまり力は、ポテンシャルの山からその勾配(こうばい)として求められる。このことは、いま考えた電荷の間の力に限らず一般にいえる。

[江沢 洋]

『戸田盛和著『物理入門コース1 力学』(1982・岩波書店)』『原島鮮著『質点の力学』改訂版(1984・裳華房)』『S・ガシオロウィッツ著、林武美・北門新作訳『量子力学1』(1998・丸善)』『江沢洋著『量子力学1、2』(2002・裳華房)』『江沢洋著『力学――高校生・大学生のために』(2005・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポテンシャル
〘名〙 (potential)
① 可能性としての力。潜在する力。
※作家ノート 虚構と真実(1967)〈石原慎太郎〉祖国について「開発により核兵器のポテンシャルをきりなく高めていくことで」
② 数学および力学で、力の場Fの成分をそれぞれ Fx Fy Fz とするとき、そのx、y、zによる偏導関数がそれぞれ Fx Fy Fz に等しいような関数uをFに対していう。
③ 静電場において、単位電荷のもつ位置エネルギー。静電ポテンシャル。電位。同様に静磁ポテンシャル(磁位)のことをいうこともある。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポテンシャル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポテンシャルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation