@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポハン(浦項)市【ポハン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポハン(浦項)〔市〕
ポハン
P'ohang
韓国,キョンサンプク (慶尚北) 道の南東部にある港市。 1949年市制。韓国の東海岸では最大のヨンイル (迎日) 湾の西岸にある。漁村であったが,29年ヒョンサン (兄山) 江の河口南方に移して,大規模な港が築かれた。 62年道で唯一の貿易港となり,テグ (大邱) 市,キョンジュ (慶州) 市の外港の役割を果す。 73年韓国で最初の銑鋼一貫工場が建設され,国内最大の生産を誇るほか工業団地内には 30以上の関連工場がある。漁港としてはサバ,ニシンなどを水揚げし,水産加工業も盛んである。プサン (釜山) 市,ソクチョ (束草) 市,ウルルン (鬱陵) 島などと定期船便で結ばれている。チュンアン (中央) 鉄道と支線で結ばれる。面積 1125km2。人口 50万 4000 (1996推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポハン(浦項)市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポハン(浦項)市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation