@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポパイ

デジタル大辞泉

ポパイ(Popeye)
米国の漫画の主人公。1929年に短編漫画に船員の姿で登場、人気を博した。危機に際してホウレンソウを食べると怪力を発揮し、敵役の巨漢ブルートから恋人のオリーブを守る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポパイ【Popeye】
1929年,アメリカの漫画家シーガーElzie Crisler Segar(1894‐1938)が新聞連載漫画《シンブル・シアターThimble Theater》の中に登場させた船乗り。すぐに漫画の主人公となり,33年にはフライシャーMax Fleischer(フライシャー兄弟)によって短編アニメ映画のシリーズとなる。ホウレンソウを食べると怪力を得るのはこのアニメ版で強調され,恋人のオリーブOlive Oylのために恋敵のブルートBluto(ブルータスBlutusと呼ばれる場合もある)と戦う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポパイ【Popeye】
アメリカの漫画の主人公。1933年に映画化されて人気者となった。船乗りで、危機に陥るとホウレンソウを食べて怪力を出し、恋人オリーブをライバルのブルートから救い出すという筋が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポパイ
ぽぱい
Popeye the Sailor
アメリカの漫画映画のキャラクター。たくましいあごにパイプをくわえ、二の腕に錨(いかり)のいれずみをした怪力の船乗りで、ピンチに際してホウレンソウを食べればさらに腕力100倍という設定。シガーE. S. Segarの漫画『シンブル・シアター』の脇役(わきやく)として1929年に登場したのを、フライシャー兄弟が漫画映画化し、32年に「ベティ(ブープ)・シリーズ」の1本に登場させるや好評を博し、33~42年に105本が製作された。共演者は、ガールフレンドのオリーブ・オイル、敵(かたき)役の巨漢ブルート、ハンバーガー好きのウィンピーなど。その後もフェーマス・スタジオが57年まで製作。さらに61~63年にTVシリーズもつくられたが、フライシャー時代の豪快な楽しさには遠く及ばない。[森 卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポパイ
(Popeye) 米国の漫画の主人公。一九三三年ころ短篇漫画映画に船員の姿で登場、人気を博した。ホウレンソウを食べると怪力を発揮し、敵役の巨漢ブルートから恋人のオリーブを守る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポパイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポパイの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広稲垣浩島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助大恐慌

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation