@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポメラニア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポメラニア
ポモージェ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポメラニア(Pomerania)
バルト海沿岸のポーランドおよびドイツ東部の地方。ポーランド語名ポモジュ、ドイツ語名ポンメルン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽめらにあ【ポメラニア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポメラニア
ぽめらにあ
Pomerania
ヨーロッパ北東部、オーデル川がバルト海に注ぐ河口を挟んでドイツとポーランドの沿海部を東西に延びる地域の歴史的名称。ドイツ語名ポンメルンPommern、ポーランド語名ポモジェPomorze。現在は、オーデル川以東および西の一部がポーランドに属し、西部の残りがドイツに属してメクレンブルク・フォアポンメルン州を構成している。「フォア(前部)ポンメルン」も西部地域の歴史的名称。東部はドイツ語で「ヒンター(後部)ポンメルン」である。
 もとスラブ人の居住地だが、12世紀に西スラブ人の貴族グライフェン家が勢力を得て神聖ローマ帝国の諸侯に列し、キリスト教の布教とドイツ人の植民が行われ、グライフスワルト、シュテッティン(ポーランド語名シュチェチン)などのドイツ都市も建設された。他方農村では16世紀以降グーツヘルシャフト(農場領主制)が発展している。グライフェン家は1637年に断絶、ウェストファリア条約で東部ポメラニアはブランデンブルク・プロイセンに、西部ポメラニアはスウェーデンに与えられたが、後者も1815年までにすべてプロイセンに帰し、両者あわせてプロイセン王国の一州をなした。第二次世界大戦後、東部ポメラニア(シュテッティンと西の一部を含む)はポーランド領となり、西のフォアポンメルンは旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)のメクレンブルク州に編入されたが、1990年のドイツ再統一にあたりメクレンブルク・フォアポンメルン州に再編された。[坂井榮八郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポメラニア
(Pomerania) ドイツ北東部のリューゲン島からポーランドのビスワ川に至るバルト海南岸の地方。一一七〇年スラブの公国が成立し、神聖ローマ帝国領を経てプロイセン領となった。第二次世界大戦後、大部分はポーランド領となり、北西部のみがドイツ民主共和国(東ドイツ)領を経て、現在はドイツ連邦共和国に属している。ポーランド語名ポモジェ。ドイツ語名ポンメルン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポメラニア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポメラニアの関連情報

他サービスで検索

「ポメラニア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation