@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポモージェ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポモージェ
Pomorze; Pomerania; Pommern
ポーランド北部,バルト海沿岸の湖沼地帯の歴史的名称。英語名ポメラニア,ドイツ語名ポンメルン。ウィスワ川下流左岸のビドゴシュチからグダニスク,グディニャにかけてを東ポモージェ,オーデル川下流右岸 (シュチェチンコシャリン,スウプスク,ゴジュフウィエルコポルスキとピワの北部一帯) および下流左岸の旧東ドイツ領を西ポモージェと呼ぶ。5世紀頃からポモージェ人 (スラブ族の一族) が居住し一公国をなしていたが,やがてポーランド王ミエシコ1世 (在位 963~992) の影響下に入り,ボレスワフ3世 (在位 1102~38) のときにポーランドがその支配権を確立した。東ポモージェは 1038年からドイツ騎士団の支配下に入ったが,1454年再びポーランドに帰属。 1772年にプロシアの領有するところとなった。西ポモージェは中世から多数の公国に分かれていたが,1625年ボグスワフ 14世によって統合され,ポーランドに帰属。しかし 1648年と 1653年にスウェーデンとブランデンブルクに分割され,1815年以降はプロシア領となった。第2次世界大戦後,オーデル川を境として東はポーランド,西はドイツ領となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポモージェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポモージェの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation