@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリ(ビニルアルコール)【ポリビニルアルコール】

化学辞典 第2版

ポリ(ビニルアルコール)
ポリビニルアルコール
poly(vinyl alcohol)

略称PVA.次の一般式,

で表されるビニルアルコールの重合体で,ポバールともよばれる.ビニルアルコールは単量体としては実在しないので,実際にはポリ(酢酸ビニル)をアルカリ,酸,アンモニア水などでけん化することにより得られる高分子化合物である.主鎖はビニルアルコール単位の繰り返しで,1,3-グリコール形であるが,1~2% 以内の1,2-グリコールを含んでいる.上述した方法で得られるポリ(ビニルアルコール)は,アタクチックポリマーであると考えられている.それにもかかわらず,このポリマーが高い結晶性を示すのは,-OH基の大きさが比較的小さく,-OH…O型の水素結合がさらにそれを補っているためと考えられている.ガラス転移温度約65~85 ℃.引張強さ,圧縮強さ,耐衝撃性,耐摩擦性にすぐれている.水には徐々に溶解するが,分子量が大きくなると溶解性は低下する.一般の有機溶媒には不溶であるが,酢酸,グリセリン,アセトアミド,フェノールには加熱すると溶解し,液体アンモニアに溶ける.ポリ(ビニルアルコール)のヒドロキシ基は,低分子多価の第二級アルコールと同じく,アセタール化,アセチル化,脱水など種々の反応をする.ポリ(ビニルアルコール)からつくられた繊維は,ビニロンの名称で市販されている.そのほか,のり剤,塗料,接着剤,乳化剤,洗剤,農薬のユニット包装用など広い用途をもつ.[CAS 9002-89-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリ(ビニルアルコール)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリ(ビニルアルコール)の関連情報

関連キーワード

ビニロンポリビニルアルコール偏光フィルム用色素ポリビニルアルコールポリビニルアルコール平凹版アクリル絵の具アルカリ蓄電池ビニロン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation