@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリアーキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリアーキー
polyarchy
アメリカの政治学者 R.A.ダールが民主主義概念における価値や多義性を排するために民主政治における手続的な側面に着目し考案した民主的政治体制の概念。多頭制と訳されることもある。概念上,「公的異議申立て (政治的競争) 」と「包括性 (政治参加) 」の2次元から構成されている。x軸に政治参加,y軸に政治的競争をとった図を想定してみると両次元における高度な存在がポリアーキーとして規定され,政治的競争は確保されているが政治参加が抑圧されている競争的寡頭体制や,反対に政治参加は包括的であるが政治的競争が制限されている包括的抑圧体制と対比することが可能である。またこれによりポリアーキーにいたる経路の多様性も確認されることとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽりあーきー【ポリアーキー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリアーキー
ぽりあーきー
polyarchy
政府に対する公的な異議申立てと、広範な政治参加がともに可能で、民主主義体制にもっとも近い政治体制をポリアーキーと称する。この概念は、アメリカの政治学者ロバート・A・ダールRobert A. Dahl(1915― )が提唱した理論上の概念で、政治学で広範に用いられるようになった。ダールは、政府が市民の要求に、政治的に公平に責任をもってこたえることが民主主義の特性であるととらえ、そのためには、〔1〕要求を形成する機会、〔2〕個人的・集団的行為によって市民や政府に要求を表現する機会、〔3〕政府の行為において要求を平等に扱わせる機会、を制度的に保障することが不可欠であると考えた。さらにまた、公的な異議申立てと広範な政治参加という二つの次元から各政治体制の民主化度が測定されるとも考えた。ポリアーキーは、民主化度がもっとも高い政治体制であり、その対極には、公的な異議申立ても政治参加の範囲も低い閉鎖的抑圧体制が位置する。[谷藤悦史]
『R・A・ダール著、高畠通敏・前田脩訳『ポリアーキー』(1981・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリアーキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリアーキーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation