@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリイソプレン【ぽりいそぷれん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリイソプレン
ぽりいそぷれん
polyisoprene

イソプレンCH2=C(CH3)CH=CH2の重合体(ポリマー)の総称。シス‐1・4結合とトランス‐1・4結合したポリマーが主体である。そのほかに1・2結合と3・4結合のポリマーがある。

 天然ゴムはヘビアブラジリエンシスHeveabrasiliensisというゴムノキの分泌物からつくられるが、シス‐1・4‐ポリイソプレンが主成分であり、バラタBalataやグッタGuttaの樹の分泌物から得られた、グッタペルカというゴムはトランス‐1・4‐ポリイソプレンを主成分としている。このシスとトランスの相違はその物性にも影響している。天然ゴムは非常に大きな、いわゆるゴム弾性をもっているが、ガッタパーチャはもっていない。シスとトランスの1・4‐ポリイソプレンを化学的に合成することも成功している。ツィーグラー型触媒またはアルキルリチウムを用いる溶液重合でシス型が、カチオン重合でトランス型のものが合成される。

[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ポリイソプレン
ポリイソプレン
polyisoprene

イソプレンの重合体.単量体の結合様式には,シス-1,4,トランス-1,4,1,2,および3,4の4種類があり,その構造は重合法,重合触媒によって異なってくる.立体規則性重合法によれば,天然ゴムとほぼ同程度のシス-1,4構造のものが得られ,合成天然ゴムと称され市販されている.カチオン重合やAlR3-VCl3系触媒で得られるトランス-1,4構造が95% 以上のものは,工業的にはグタペルカの代用に使用されている.[CAS 104389-31-3:シス形][CAS 104389-32-4:トランス形]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリイソプレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリイソプレンの関連情報

関連キーワード

ケトンカルボン酸ジエンアルカン誘導分解アリル基強塩基炭化水素基メチレンラジカル反応

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation