@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリスチレン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリスチレン
polystyrene
スチレンの重合体スチレンラジカル重合でもイオン重合でも重合体を生成するが,工業的にはラジカル重合によって,主として塊状重合懸濁重合で製造されている。ポリスチレンは透明で硬く,電気絶縁性がすぐれ,成形が容易であるため,大部分が家庭電気製品として用いられている。懸濁重合で得られるビーズ発泡剤を加えてつくられる発泡ポリスチレンは,包装用パッキング剤,保温剤として用いられる。また衝撃に弱い欠点があるので,ゴムと混合して耐衝撃性ポリスチレンとして使用されることも多い。また,ABS樹脂など共重合体としても使用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ポリスチレン
海洋の漂流ごみは世界全体で年600万~700万トン発生しているとされる。大きな比率を占める発泡スチロールは、ポリスチレンから作られる。ポリスチレンはスチレンモノマー(SM)の分子鎖状に結合した構造で、劣化すると2~数個のSMがつながったスチレンオリゴマー(SO)が発生する。SOの環境基準はないが、世界保健機関(WHO)はSMについて動物実験の結果から人体に影響が及ばない値を推定し、飲料水1リットル中に0・02ミリグラム(20ppbに相当)とする基準値案を示している。
(2013-09-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ポリスチレン(polystyrene)
スチレン付加重合によって得られる高分子化合物無色透明熱可塑性樹脂。電気絶縁性が高い。高周波絶縁材料・各種容器に、また発泡スチロールとして断熱材緩衝材などに使用。スチロール樹脂スチレン樹脂

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポリスチレン【polystyrene】
スチレンを重合して得られる代表的な汎用熱可塑性樹脂。スチレン樹脂styrene resin,ポリスチロールpolystyrolとも呼ばれる。スチレンおよびポリスチレンの発見は,1836年のドイツのシモンE.Simonにさかのぼるが,工業化はまずスチレン・ブタジエンゴム(ブナS)として1933年に,ポリスチレン成形品としては35年に,ドイツのイーゲー・ファルベン社で始まった。成形品が広く一般に用いられるようになったのは第2次大戦後のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリスチレン
ぽりすちれん
polystyrene

ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニルとともに四大プラスチックの一つ。スチレン樹脂、スチロール樹脂、ポリスチロールともよばれる無色透明の熱可塑性樹脂。スチレンC6H5CH=CH2の懸濁重合で平均分子量7万~10万程度の粒状のものが市販されている。安価で汎用(はんよう)性に富み、多量に生産されている(2002年の日本の生産量約184万トンで、ポリ塩化ビニルの約223万トンに次ぐ)。

 ポリスチレンは耐水性、高周波絶縁性に優れ、酸やアルカリに強いが炭化水素やケトン系の溶媒に弱い。軟化点90℃ぐらいで射出成形が容易。着色も自由であるがもろいという欠点をもっている。このもろさを改良した耐衝撃性ポリスチレン(ハイインパクトポリスチレン)やABS樹脂がつくられている。前者はポリスチレンにブタジエン・スチレン共重合物のSBR(スチレン・ブタジエンゴム)をブレンドしたもので、SBRの添加量によってポリスチレンのもろさは改良されるが、ゴムの性質が現れてくる。ブレンドのように混合でなく、共重合させた改良法がABS樹脂で、これはアクリロニトリル・ブタジエン・スチレンの三成分系の共重合物や混合物である。ポリスチレンの耐衝撃性の向上のほかに、アクリロニトリルの特性が加わり、各物性のバランスのとれたエンジニアリング・プラスチックとして広い用途をもつ。さらに合成木材としても用いられる。低発泡による木材代用品で木目模様をつけて適当に着色される。また、耐熱性向上のためにα(アルファ)-メチルスチレン、無水マレイン酸との共重合も行われ、これは耐熱性ポリスチレンとよばれる。

[垣内 弘]

発泡ポリスチレンpolystyrene foam

ポリスチレンの用途が伸びているものに発泡ポリスチレン(発泡スチロール樹脂)がある。これは、ポリスチレンに発泡剤として低級炭化水素を混ぜてスポンジにした粒子を、100℃ぐらいで押し固めて板にする。断熱材としてコルクのかわりに、また鮮魚のトロ箱、商品包装の詰め物、特殊な用途として鋳物工場で中子(なかご)のかわりに使われる。

[垣内 弘]

『R. J. Ehrig編著、プラスチックリサイクリング研究会訳『プラスチックリサイクリング――回収から再生まで』(1993・工業調査会)』『佐伯康治・尾見信三著『新ポリマー製造プロセス』(1994・工業調査会)』『久布白謙三著『技術とビジネスの基礎知識 発泡ポリスチレンのすべて』(1995・マーテック)』『農林水産省食品流通局市場課監修『発泡スチロール再生利用マニュアル――卸売市場環境対策事業報告書』(1995・ぎょうせい)』『井手文雄著『実用ポリマーアロイ設計』(1996・工業調査会)』『小松公栄ほか著『メタロセン触媒でつくる新ポリマー――新製品の開発・生産性の向上』(1999・工業調査会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポリ‐スチレン
〘名〙 (polystyrene) スチレンの重合体。無色透明で屈折率が高く、電気的特性も良好。透明な容器、玩具、発泡させて断熱材、包装材料など用途は広い。スチロール樹脂。スチレン樹脂。ポリスチロール。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ポリスチレン
ポリスチレン
polystyrene

略称PS.スチレンの重合体で,スチレン樹脂,スチロール樹脂ともいう.工業的には,塊状重合溶液重合懸濁重合乳化重合などの方法でつくられる.無色透明.密度1.05~1.07 g cm-3.ガラス転移温度82 ℃.1.60.引張強さ35~56 MPa.誘電率が小さく吸湿性がなく,熱流動性,熱安定性もよいため,代表的な熱可塑性樹脂として,電気および熱の絶縁材のほか,種々の日常用品に利用されている.[CAS 9003-53-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ポリスチレン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリスチレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリスチレンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation