@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリス
polis
古代ギリシア都市国家。村落集住 (シュノイキスモス) によって,君主政に対立する国家形態として生じ,その起源は前 10~8世紀にまでさかのぼる。自然風土や社会的・宗教的要因によって数多くのポリスが分立したが,その規模はほとんどはごく小さく,植民市 (アポイキア ) として成立したものも多い。ポリスは中心市と農耕周域部から成り,大多数は城壁を備え,市内には原ポリスである城塞 (アクロ・ポリス) ,市場 (アゴラ) が存在し,周域部には市の所有地,共有地があったが,その領域は通常狭い範囲に限られていた。ポリスは自由と自治を理想とし,市民は氏族および宗教共同体の一員であるばかりでなく,国家共同体の一員としてもっぱら政務,軍務にたずさわった。完成されたポリスにおいては,そうした市民団の枠は在留外人 (メトイコス ) や奴隷などと身分的に厳格に区別された。このような体制を基盤として市民全体の政治参与を実現した民会 (エクレシア ) の存在は古典古代の一大特色をなしている。ポリスにはさまざまの型があったが,最も典型的な例はアテネで,その民主政組織はほかのポリスに大きな影響を与えた。ポリスは相互の絶えざる分立抗争と内部の党派争いなどによって前4世紀には凋落しはじめたが,続くヘレニズム時代の知的文化的基盤はポリスの伝統に根ざしている。またポリスにおいては文明の発達とともに,さまざまな政治現象が生じ,多くの思想家たちはこれに刺激されて政治理論を生み出し,ポリスは政治学の母胎であった。政治や政治学を意味する politicsという言葉は polisに由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポリス(police)
警察。警官隊。
警官巡査

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリス(〈ギリシャ〉polis)
古代ギリシャの都市国家。前9世紀ごろ、氏族社会から貴族制への移行過程に成立。ヘレニズム時代に消滅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリス(Polis)
キプロス北西部の町。アカマス半島の基部に位置する。近隣に、美と愛の女神アフロディテが水浴びをしたというや、手つかずの自然が残るアカマス自然遊歩道などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポリス【polis】
古代ギリシア語で一般に都市や都市国家(非ギリシア人のものも含めて)を指す。歴史学の用語としては,前8世紀ころに成立し,前5世紀を頂点として繁栄したギリシア人の特有な都市国家を意味する。青銅器時代にはギリシア各地王国が割拠していたが,前11世紀ころ,鉄器時代に入るとともにそれらは崩壊し,王家が存在した場合でも弱体化して,貴族政が支配的になる。この頃,貴族が中心となり,一般自由民の潜在的主権背景として,小規模な国家が各地に形成されたらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポリス【police】
警察。また、警官。巡査。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリス【polis】
古代ギリシャの都市国家。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポリス
〘名〙 (police)
① 警察。
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「郵便の通達、ポリスの事務などの事を掌り」
② 警官。巡査。邏卒。ポリ。
※英政如何(1868)一六「取締(ポリース)方は実に大刑獄司の如くにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリス
〘名〙 (polis)
① 古代ギリシア人の都市国家。紀元前一〇~前八世紀頃、氏族社会から王制、ついで貴族制へと移行する過程で、政治、軍事の担当者の中心市への集住によって成立したといわれる。紀元前四世紀頃から衰退。ヘレニズム時代には消滅。
※学生と教養(1936)〈鈴木利貞編〉教養としての社会科学〈蝋山政道〉「ソフィスト達が希臘市民を啓蒙し、その迷信や伝説において成立ってゐたポリスの観念を打破して」
② 転じて一般に、都市の意。「ネオポリス」「メガロポリス」などのように複合して用いられることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ポリス
polis
古代ギリシアにおける都市国家
前10〜前8世紀,王政が貴族政に移ったころ,集住(シノイキスモス)によって成立したという。アテネ・スパルタ・テーベ・コリントデルフィ・イオニア諸市などが代表的で,その数はギリシア本土だけで150を数え,海外植民地を加えると1000にもおよんだ。人口規模はアテネを例外として数千ないし数万程度。小さくともポリスは1個の主権国家であり,戦時には重装歩兵として国防を担う市民を中核として,自由と自治を理想とし,市民の間における平等の原理を基本とした。たてまえとしては,ギリシア人の生活はすべてポリスを中心に営まれた。各ポリスはそれぞれ成立の時期も発展の型も異なるが,たいていのポリスは城壁をめぐらした市部と周辺の田園部とを含み,防衛・信仰の中心となる丘(アクロポリス)と市民の会合の広場(アゴラ)があった。各ポリスは政治的に統合されることはなかったが,オリンポス12神の信仰,オリンピア競技会,デルフィの神託,ギリシア語,ホメロスの詩などを通してゆるやかな一体性を有していた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation