@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリヌクレオチド

デジタル大辞泉

ポリヌクレオチド(polynucleotide)
ヌクレオチドが直鎖状に重合した高分子化合物。天然には核酸があり、人工的に合成したものは核酸の基礎研究に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ポリヌクレオチド
 ヌクレオチドが多数リン酸ジエステル結合によって重合した物質で,DNARNAが代表的.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポリ‐ヌクレオチド
〘名〙 (polynucleotide) ヌクレオチドの重合体。天然にはリポヌクレオチドの重合体であるリボ核酸(RNA)、デオキシリボヌクレオチドの重合体であるデオキシリボ核酸(DNA)として存在する。人工合成もされている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ポリヌクレオチド
ポリヌクレオチド
polynucleotide

ヌクレオチドがリン酸ジエステル結合で重合し,高分子となったものをいう.生体高分子のDNAやRNAなどの核酸は天然のポリヌクレオチドであるが,現在では酵素的方法や化学的方法を用いて,多くの種類のポリヌクレオチドが合成されており,これらは合成ポリヌクレオチドといわれる.天然のポリヌクレオチドは,塩基部分にはアデニングアニンウラシルシトシンの4種類を含むが,塩基のうち1種類だけを含むホモポリマーや2種類だけを含むもの,さらにはその配列が2個または3個の塩基の繰り返しのものなどのポリヌクレオチドが合成され,これら合成ポリヌクレオチドを用いてコドンとアミノ酸との対応が解明された.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリヌクレオチド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリヌクレオチドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation