@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリプ
polyp
刺胞動物ヒドロ虫類鉢虫類花虫類などのうち固着生活をする型をいう。体は円筒形で上に口が開き,その周囲に触手が並ぶ。ヒドロサンゴ類イシサンゴ類ヤギ類などは分裂によって個虫を増やして大きな群体を形成する。ヒドラのように一生ポリプ型で吸着生活をするものもあるが,個虫が変形していくつかのクラゲを生じたり,個虫の体側にできた生殖体からクラゲを生じるものもある。(→無脊椎動物

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポリプ(polyp)
腔腸(こうちょう)動物の二つの基本型の一。固着生活をし、体は管状・杯状で上端に口が開き、周縁の触手を使って餌を取る。無性生殖を行い、単独のものと群体をつくるものとがある。種によってはクラゲを形成する。
ポリープ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぽりぷ【ポリプ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリプ
ぽりぷ
polyp

腔腸(こうちょう)動物にみられる基本的な体型の一つで、「クラゲ」に相対する形態。クラゲが一般に自由遊泳生活をしているのに対して、ポリプは原則として付着生活をする。ポリプとクラゲは根本的な構造上の違いはないが、このような生活にそれぞれ適応した形態の差はみられる。ポリプは一般に円筒形で、他物に付着するほうと反対側の上端に口が開き、その周りには一列から数列の触手がみられる。おもに触手を使ってとらえた餌(えさ)を口から体内部の胃腔(いこう)へ取り入れ、そこで消化が行われる。ヒドロ虫綱ではポリプの胃腔は簡単な構造であるが、ハチクラゲ綱、花虫綱のポリプでは胃腔中に4個から多数個の縦の隔膜がみられる。ポリプは芽出、縦分裂など無性的な増殖を行うことが多い。

[山田真弓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポリプ
〘名〙 (poliep polyp)⸨ポリープ⸩
① 刺胞動物の生活環上にみられる一時期の形態。クラゲに対置される。単体で見られるものや、群体を構成するものがある。体はほぼ円筒形で下端は足盤となって他物に付着する。上端は口盤と呼ばれ、八本あるいは多くの触手がある。無性的な分裂によって有性世代のクラゲ型を遊離するものと、クラゲを遊離せず、ポリプに生殖巣ができて有性生殖を営むものがある。ヒドロ虫類・鉢虫類・花虫類にそれぞれ固有のポリプ型が見られる。水(すいし)。ポリープ。〔植学啓原(1833)〕
② 皮膚や粘膜などの表面に茎をもって盛り上がり、球形・楕円形・卵形などの形をした腫瘤の総称。鼻茸、胃腸ポリプ、子宮粘膜ポリプはその典型。茸腫。
※雪の涯の風葬(1969)〈高井有一〉一「腸にポリープが出来てゐると」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation