@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリュカルポス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポリュカルポス
Polykarpos
小アジアのスミルナ司教。2世紀に活躍し,教会著述家のなかで最も古い世代に属する使徒教父聖人。使徒ヨハネに師事し,彼によってスミルナの司教に据えられたといわれる。エイレナイオスの師とされる。イグナチオス交友。現存する唯一の書簡はピリピ人宛のもので,背教的傾向の増大に対する警告である。復活祭論争に際してローマを訪れて古いアジアの伝統の擁護に努めるなど,小アジアにおいて指導的役割を果たした。86歳で殉教。死の直後につくられた『ポリュカルポス殉教録』は最も早い時期に知られた,キリスト教の貴重な資料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポリュカルポス【Polykarpos】
70ころ‐156ころ
小アジアのスミュルナの主教(110ころ‐156ころ)。彼の弟子エイレナイオスやテルトゥリアヌスによれば,彼は使徒ヨハネから教えを受けたといわれる。教皇アナクレトゥスのときローマを訪ね,多くの異端者をカトリック教会に改宗させた。彼は復活日をニサンの月(太陽暦の3~4月)の14日に祝うべきだという14日主義の主唱者で,この問題については教皇と意見を異にした。スミュルナで殉教。【川村 輝典】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ポリュカルポス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリュカルポスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation