@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポリリズム

デジタル大辞泉

ポリリズム(polyrhythm)
音楽で、声部パート)により異なるリズムが同時に演奏されること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポリリズム
ぽりりずむ
polyrhythm英語
Polyrhythmikドイツ語
polyrythmieフランス語
音楽において、異なる時間語法を複数の声部が同時に応用するときに達成される全体のリズム効果をさす用語。一連の関連する概念があり、それらを総称したり、部分的に意味が重複する概念として使われ、その認知は当該文化のリズム現象のとらえ方によって異なってくるため、あいまいな面をもっている。たとえば、ポリリズムの一現象であるポリメトリックpolymetricには、〔1〕同拍値によるポリメトリックと、〔2〕異拍値によるポリメトリックの2種がある。前者は拍の値が同一でありながら異なる拍群法(グルーピング、拍子)が複数の声部間に聞かれる場合で、狭義のポリメトリックとよばれる。後者は異なる拍値が支配的で、同拍子の場合と異拍子の場合があり、ヘミオリアhemiolia(ヘミオラ)とよばれることが多い。前者の例は15~16世紀にかけてのヨーロッパの多声音楽に典型的にみられ、後者はショパンのピアノ曲での右手と左手の使い分けに利用される例がある。これらの作曲技法は20世紀のいわゆる現代音楽では、合奏・独奏を問わず頻繁に使われている。また、この二つを混用してさらに立体的な音響世界を築くアフリカ(とくに西アフリカ)の合奏はポリリズムの典型とされ、クロスリズムcross-rhythmともよばれる。クロスリズムは、もっと簡単に声部間でリズム型を交代ないし交差させることを意味する場合もあるし、総称的にポリリズムと同義語とされることもある。[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポリリズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation