@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポロニウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポロニウム
polonium
元素記号 Po ,原子番号 84。周期表 16酸素族元素の1つで,天然放射性元素。 84番元素の存在は 1889年 D.メンデレーエフによって予言されていたが,98年キュリー夫妻によってピッチブレンドから発見され,M.キュリーの故国ポーランドにちなんでポロニウムと命名された。天然には,質量数 218,214のウラン系核種,215,211のアクチニウム系核種,216,212のトリウム系核種が存在するが,このほか 20種の人工放射性核種が知られている。単体灰白色半金属で,融点 254℃,比重 9.32 (α体) ,9.51 (β体) 。化学的性質はテルルおよびビスマスに類似している。ポロニウム 210はα線源として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポロニウム(polonium)
酸素族に属し、放射性元素の一。単体は銀色の軟らかい金属。1898年キュリー夫人が発見し、生国ポーランドにちなみ命名。質量数210がα(アルファ)線源として用いられる。元素記号Po 原子番号84。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポロニウム【polonium】
周期表元素記号=Po 原子番号=84融点=254℃ 沸点=962℃比重=9.32(α‐ポロニウム),9.4(β‐ポロニウム)電子配置=[Xe]4f145d106s26p4おもな酸化数=II,IV,VI周期表第VIB族元素に属する酸素族元素の一つ。1889年D.I.メンデレーエフは,周期表のこの位置にいまだ知られていない原子番号84の元素が存在するはずであると予言した。98年にキュリー夫妻は,現在のチェコスロバキア領ボヘミアのヨアヒムシュタール鉱山産のウラン鉱石,ピッチブレンドからこの84番元素を発見し,夫人の故国ポーランドにちなんでポロニウムと名づけられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ポロニウム【polonium】
16 族(酸素族)元素の一。元素記号 Po  原子番号84。同位体はいずれも放射性。最も半減期の長い核種の質量数は二一〇。1898年フランスのキュリー夫妻が質量数二一〇の同位体をラジウムとともに発見。銀白色の軟らかい金属。質量数二一〇の核種は α 線源として利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポロニウム
ぽろにうむ
polonium
周期表第16族に属し、酸素族元素の一つ。1898年フランスのキュリー夫妻によって、ピッチブレンドからラジウムとともに発見された放射性元素で、夫人の生国ポーランドにちなんで命名された。天然放射性系列にはポロニウムの七つの同位体が含まれるが、このときのものは半減期138.4日のポロニウム210である。ウラン238の崩壊生成物としてウラン鉱石中に存在するが、含有量はきわめて少ない(ピッチブレンドでも1トン当り0.1ミリグラム以下)。最近では原子炉内でビスマスに中性子を照射し、次の核反応によってミリグラム程度の量でつくられる。

 中性子照射したビスマスの塩酸溶液に銀を入れると、イオン化傾向の差で銀の表面にポロニウムが析出する。これを真空昇華すると単体を得ることができる。銀色の光沢をもつ軟らかい金属で、低温でのα(アルファ)型(単純立方格子)、高温でのβ(ベータ)型(単純菱面体(りょうめんたい)格子)の二つの変態がある。化学的にはテルルおよびビスマスに類似している。ポロニウム210はα線源として用いられる。またベリリウムとの合金はγ(ガンマ)線の混ざらない中性子源として重要。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポロニウム
〘名〙 (polonium) 放射性元素の一つ。元素記号 Po 原子番号八四。質量数二〇九、二一〇の同位体がある。天然には七個の同位体がある。銀白色の柔らかい金属。酸素族に属する。一八九八年キュリー夫妻によってウラン鉱中から発見され、夫人の母国ポーランドにちなんで名づけられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ポロニウム
ポロニウム
polonium

Po.原子番号84の元素.電子配置[Xe]4f 145d106s26p4の周期表16族カルコゲン元素.安定同位体がなく,天然で特定の同位体組成を示さないので原子量はない.1898年にM. Curie(キュリー)により,せんウラン鉱中に最初の放射性核種(質量数210)として発見された.元素名はCurieの生国ポーランドにちなんで命名された.
質量数188~220までの同位体核種が知られる.209Po がもっとも長寿命で半減期102 y のα崩壊核種.210Po は半減期138.376 d のα崩壊核種.α線エネルギー5.3 MeV.ウラン系列中に存在(古典名RaF)し,崩壊により質量数206の鉛(RaG)となる.α線の標準線源,イオン源,高い発生熱量140 W g-1 を利用して宇宙用放射能電池に使用される.α放射体であるので非常に有害で,臓器,血球などはとくにポロニウムの害を受けやすい.常温で銀色の金属.同族のテルルより金属性が強い.昔はウラン鉱より抽出したが,現在は原子炉で209Bi(n,γ)210Bi(RaE)核反応で得られる 210Bi の β 崩壊により生じる 210Po を抽出する.210Po のほか6種の放射性同位体,218Po(RaA),214Po(RaC′),216Po(ThA),212Po(ThC′),215Po(AcA),211Po(AcC′)が天然に存在(崩壊系列中)する.銀白色の金属.α,βの二相があり,立方晶のα相は36 ℃ で三方晶系のβ相に転移する.密度9.32 g cm-3(20 ℃,α相).融点254 ℃,沸点962 ℃.第一イオン化エネルギー8.42 eV.標準電極電位 Po2+/Po 0.368 V.酸化数-2,2,4,6.空気中で徐々に酸化皮膜をつくる.塩素,臭素,ヨウ素とは,200~400 ℃ で反応してPoX4(X = ハロゲン)を生じる.水に不溶,塩酸,硫酸,濃硝酸に可溶.硝酸溶液から鉄やニッケル上に金属Poが析出する.
210Po 酸化物,水酸化物及び硝酸塩の空気中濃度限度9×10-6 Bq/cm3,廃液中または排水中濃度限度6×10-4 Bq/cm3.[CAS 7440-08-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポロニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポロニウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation