@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポンチアヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポンチアヌス
Pontianus
[生]?. ローマ
[没]236頃. サルジニア
ローマ出身の第18代教皇在位 230~235)。聖人。ローマ教会会議を招集し,アレクサンドリア派の神学者オリゲネス糾弾。235年,ローマ皇帝マクシミヌスによるキリスト教迫害のなか,対立教皇ヒッポリツスとともにサルジニア島鉱山に追放された。同地でヒッポリツスと和解。235年9月,アンテルスに教皇位を譲り,退位した最初の教皇となった。ヒッポリツスの死後まもなく世を去ったが,2人の死は強制労働による殉教と考えられている。1909年,ローマの聖カリクスツスの墓地でポンチアヌスの墓碑銘が発見された。祝日は 8月13日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンチアヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポンチアヌスの関連情報

関連キーワード

アンテルスファビアヌス宮城県の要覧ヨージルベンゼンペンタゴン国防総省DOD沖合漁業遠洋漁業矢祭町議会の日当制

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation