@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポーツマス

大辞林 第三版

ポーツマス【Portsmouth】
イギリス、イングランド南部、イギリス海峡に面する港湾都市。古くから軍港として発展。
アメリカ合衆国、ニューハンプシャー州の大西洋に臨む港湾都市。海軍基地があり、避暑地として知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポーツマス(Portsmouth)
英国イングランド南部の港湾都市。イギリス海峡に面し、英国海軍の根拠地。
米国ニューハンプシャー州南東部の港湾都市。大西洋に面し、商港・軍港として発展。1905年に日露戦争の講和条約が結ばれた地。
米国オハイオ州南部の都市。シオートー川がオハイオ川に注ぐ合流点に位置する。オハイオエリー運河と鉄道の開通に伴い、製鉄業を中心に発展石材産地で、砂岩を産する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ポーツマス【Portsmouth】
アメリカ合衆国ニューハンプシャー州南東部にある州唯一の海港都市。人口2万6254(1980)。1623年に建設された州最古の植民地。独立戦争までの約100年間は主都であった。17世紀以来の造船の町で,18世紀末に建設された海軍工廠は潜水艦の建造・修理基地となっている。州庁舎など植民地時代の建造物が多く保存され,また夏季の保養地として有名。1905年,日露戦争終結のポーツマス条約締結の地でもある。【藤本 博】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ポーツマス【Portsmouth】
アメリカ合衆国バージニア州南東部の港湾都市。人口10万3000(1994)。チェサピーク湾入口近くに位置し,エリザベス川をはさんで対岸にはノーフォークがある。古くからの軍港で,世界最大級の造船所ドック,海軍の弾薬庫,第5沿岸警備隊本部がある。また,商港でもあり,鉄道交通の要所である。1752年に集落が建設され,67年に民間の造船所ができ,独立革命後,合衆国海軍基地となった。1858年に市制施行。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ポーツマス【Portsmouth】
イギリス,イングランド南部,ハンプシャー南東岸にある軍港,保養都市。かつては単に〈ポートPort〉と呼ばれ,現地名は〈ポート港の入口〉を意味する。人口18万9000(1993)。イギリス海峡入江であるポーツマス湾とラングストン湾にはさまれたポートシー島南西部に位置し,本土とは橋で結ばれて半島状をなす。ポーツマス湾対岸の港湾都市ゴスポートとの間にも橋が架けられ,またスピットヘッド水道をはさんでワイト島と相対する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポーツマス
Portsmouth
アメリカ合衆国,オハイオ州南部にある都市。シオト川が合流する地点のオハイオ川河岸にあり,対岸はケンタッキー州フラートンである。 1803年に創設,30年にオハイオ=エリー運河が開通してから,運河と河川との間の貨物の積替え場所として栄え,汽船時代が終ってからは,鉄道輸送の中心地になった。石材の産地で,その砂岩はオタワにあるカナダ国会議事堂に使われている。オハイオ大学分校がある。人口2万 2676 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーツマス
Portsmouth
アメリカ合衆国,ニューハンプシャー州南東部の港湾都市。 1623年入植,同州最古の入植地。州で最古の新聞,『ニューハンプシャー・ガゼット』が 1756年に発刊された。 18世紀には造船業が主産業となり,1790年代には軍艦の建造,修理を中心に軍港として栄えた。軍港はシービー島にあるが,一般にはポーツマス港と称される。 1905年日露戦争終結の際,ポーツマス条約が調印された地。海軍関連工業のほか,機械,製靴製紙などの工業が盛ん。ニューファンドランド近海の漁場を控え,漁港としても有名。人口2万 5925 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーツマス
Portsmouth
アメリカ合衆国,バージニア州南東部の港湾都市。ハンプトンローズ港に面し,エリザベス川をはさんで,ノーフォークに対する。 1752年から入植を開始。 67年に造船所,そして 1801年ノーフォーク軍港が建設され,南北戦争のおり南軍の装甲艦『バージニア』が建造された。現在は造船,車両工業が盛んで,ほかに化学プラスチック肥料,機械器具工業もある。ノーフォーク,ニューポートニューズなどと連接して大都市圏を形成。人口 10万 3907 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーツマス
Portsmouth
イギリスイングランド南部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。1997年にハンプシャー県から分離して単一自治体となった。ロンドンの南西約 100km,イギリス海峡沿岸の港湾都市で,ワイト島とイギリス本土を隔てるソーレント水道に面する。中心市街は,ソーレント水道に向かって開口する西のポーツマス港と東のラングストン港に挟まれたポートシー島にあるが,市域は島を本土から分ける狭い水路を越えて北の本土に及んでいる。1194年,島の戦略的重要性に着目したリチャード1世がここに町を建設し,勅許状を与えた。その後海軍基地となり,1496年には海軍造船所が開設され,軍港として急速に発展。第2次世界大戦時には空爆により大きな被害を受けたが,戦後復興し,イギリスの主要軍港となった。造船所を含む海軍諸施設は壺型のポーツマス港に面した島の西岸にある。またソーレント水道に面した南岸のサウスシー一帯は,海岸に沿って遊歩道,広い草地,公園,スポーツ施設などがあり,海浜保養地として知られる。ドックの一角にはトラファルガルの戦いにおけるホレーショ・ネルソン提督の旗艦『ビクトリー』号が保存されており,その近くにはネルソンの遺品を収蔵するビクトリー博物館などもあって訪れる観光客が多い。軍港のほか,商港,ヨーロッパ大陸と結ぶフェリー港があり,航空機工業や各種軽工業も立地する。チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ,ジョージ・メレディスの生地。面積 40km2。人口 18万9600(2005推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポーツマス
(Portsmouth)
[一] イギリス、イングランド南部のイギリス海峡に面する港湾都市。イギリス海軍の軍港として発展。
[二] アメリカ合衆国東部、ニューハンプシャー州南東部の港湾都市。一九〇五年日露戦争終結の条約締結地。
[三] アメリカ合衆国オハイオ州南部の工業都市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーツマス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポーツマスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation