@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ポーランド回廊【ポーランドかいろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ポーランド回廊
ポーランドかいろう
Polish corridor
1919年のベルサイユ条約の結果,ドイツからポーランドに割譲された長さ 400km,幅 128kmの細長い地域。この条約によって,内陸国であるポーランドは同回廊を通って,バルト海の港湾都市ダンチヒ (ポーランド名グダニスク) へ出ることができた。 1938年 A.ヒトラーがこの回廊を通過する道路,鉄道の支配権を要求し,ポーランドに拒否されたことが第2次世界大戦口火となった。戦後はドイツの敗北でこの回廊を含む広大な地域がポーランド領となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ポーランド‐かいろう〔‐クワイラウ〕【ポーランド回廊】
Polish Corridor》1919年、ベルサイユ条約でドイツからポーランドに割譲された、西プロイセンとポーゼン北部地方の通称。ポーランドにバルト海への出口を与えるため、ドイツ領を分断して設けられた。その後ドイツ・ポーランド間の紛争の地となり、第二次大戦起因となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ポーランド回廊
ぽーらんどかいろう
Polish Corridor

第一次世界大戦後、ドイツ領からポーランド領に編入された地域のうち、東ポモジェ(西プロイセン)とポズナニ(ポーゼン)地方とをさし、ポーランドの海への通路という意味でつけられた呼称。この地は、古くからポーランドが支配してきたが、第一次・第二次ポーランド分割によってプロイセン領となっていた。1938年10月24日ヒトラーは、回廊を通過して東プロイセンとドイツ本国とを結ぶ、治外法権をもった自動車道路と鉄道の建設を要求してきたが、ポーランド政府はこれを拒否したため、翌年9月1日ドイツのポーランド侵攻が始まり、この地域の問題が第二次世界大戦の発火点となった。

[安部一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ポーランド‐かいろう ‥クヮイラウ【ポーランド回廊】
第一次世界大戦後のベルサイユ条約で、ドイツからポーランドに割譲された西プロイセンおよびポーゼン地方北部の通称。ポーランドのバルト海への通路の意。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ポーランド回廊
ポーランドかいろう
Poland Corridor
第一次世界大戦後,ヴェルサイユ条約によってポーランド領となった西プロイセン地方とポズナニ地方の北部の地域
ポーランドからバルト海への通路にあたり,もとはポーランド領で,ポーランド分割のさいプロイセン領になった。ナチス−ドイツは反ヴェルサイユ体制の立場からここに野心を示し,1939年9月侵入を開始して第二次世界大戦の勃発となった。戦後は再びポーランド領。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーランド回廊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ポーランド回廊の関連情報

関連キーワード

グリフィス石英岩ビダー牧野省三ロシア革命史(年表)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ三一独立運動バルフォア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation