@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マアジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マアジ
Trachurus japonicus
スズキ目アジ科の海水魚。全長 30cm内外。体は側扁した紡錘形。尻鰭の前方に2本のとげがある。側線は第2背鰭の前方のところで下方曲り,第2背鰭の第8軟条部のあたりから再び後方へ直走する。側線の全長にわたって楯鱗がある。体の背面は暗緑色,腹面は灰白色で,楯鱗は黄色がかる。水深 10~100mを群泳し,春から夏に北上し,秋から冬に南下する。俗にアジというのは本種をさす。食用。近縁種にシマアジメアジなどがある。日本各地,東シナ海,朝鮮半島に分布する。アジ類中最も多く漁獲される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

マアジ
 [Trachurus japonicus].スズキ目アジ科マアジ属の海産魚.40cmほどになる.経済上重要な食用魚.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まあじ【マアジ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マアジ
まあじ / 真鰺
[学] Trachurus japonicus

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。日本各地の沿岸、東シナ海、朝鮮半島の沿岸に分布。日本産アジ類のなかでもっとも普通な種類で、主として巻網で漁獲される。全長40センチメートルに達し、大形のものはオオアジともよばれる。体はやや側扁(そくへん)した紡錘形、臀(しり)びれの前方に2本の遊離棘(きょく)があり、側線の全長にわたって稜鱗(りょうりん)(ぜんご)が並ぶ。日本沿岸では、沿岸域で定着的な生活をするキアジと、沖合いを回遊するクロアジとよばれる2型がある。広く鮮魚、干物として食用にされるほか、養魚場や水族館では餌料(じりょう)として重要である。

[鈴木 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マアジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マアジの関連情報

関連キーワード

イベリスオオバコ生活形バルサアオギリ(青桐∥梧桐)オイルフェンスザミアスプレケリア雑巾タシロイモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation