@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイクロフィルム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マイクロフィルム
microfilm
新聞や文献などを縮小複写して保存するフィルム。現在使用されているものには次の3種類ある。 (1) マイクロフィルム 幅が 16mm,35mm,70mmのフィルムを使用。縮小率は 10分の1~42分の1で,35mm判 100ft (約 30m) で新聞 700ページ分が収容される。 (2) マイクロフィッシュ。 (3) アパチュアカード パンチカード内の一部分を切取り,マイクロフィルムを貼付けたもの。フィルムの内容をカードにパンチして,コンピュータの処理に便利なようにしてある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

マイクロフィルム
文献や図面などを保存するため、特殊な撮影機材を使って一般的には原版の6分の1から50分の1の大きさに縮小撮影したフィルム。専用機器を使って映像を見る。国内の図書館では、国会図書館が1953年に新聞をマイクロフィルム化して保存したのが先駆けとされている。
(2011-01-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

マイクロフィルム(microfilm)
資料や文献を縮小撮影したフィルム。閲読する場合はマイクロリーダーで拡大するか、引き伸ばして焼き付けを行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マイクロフィルム【microfilm】
文書,図面などを縮小撮影して保存するための写真フィルム。普仏戦争の際に用いられたのが最初といわれるが,本格的な利用は1928年アメリカで小切手撮影用のロータリー式カメラが開発されて以降であり,文献複写,保管スペースの節約,転記の合理化,情報検索など利用方法が発展してきている。現代の情報化社会においてマイクロフィルムの果たしている役割は大きく,撮影用カメラ,情報の検索・抽出装置と有機的に組み合わされて,一つのシステム,マイクロシステムを構成している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

マイクロ‐フィルム
〘名〙 (microfilm) 数量の多い資料・文献などを縮写して保存するためのフィルム。必要に応じて、マイクロリーダーで拡大したり、引伸し焼付けをしたりして読む。〔金の塔(1953)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイクロフィルム
まいくろふぃるむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロフィルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイクロフィルムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation