@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイクロプロセッサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マイクロプロセッサ
microprocessor
大規模集積回路技術により,デジタルコンピュータの中央処理装置を1チップあるいは数チップの半導体回路で実現したもの。 MPU(micro processing unit)ともいう。 1971年にアメリカのインテル社により4ビットのものが電卓用素子として初めてつくられた。半導体としてはシリコン系の MOSが主である。現在,語長が4,8,16および 32ビットのものがある。マイクロコンピュータの中央処理装置 (CPU) となるほか,各種の機器の制御素子,情報処理素子として使われている。これを「マイコン」と略称することもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロプロセッサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイクロプロセッサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation