@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイクロRNA【まいくろあーるえぬえー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイクロRNA
まいくろあーるえぬえー
micro RNA
1993年に線虫Caenorhabditis elegansの発生過程における細胞系譜cell linageの変異株の研究から発見された調節遺伝子の産物。miRNAと略記される。この発見により、アメリカのA・ファイアーとC・メローは、2006年にノーベル医学生理学賞を受賞した。なお、こうした低分子RNAを最初に「マイクロRNA」と名づけたのは、1984年(昭和59)水野猛(みずのたけし)(1949― )と井上正順(いのうえまさより)(1934― )の研究グループである。
 マイクロRNA遺伝子の最初の発見例は、線虫の突然変異株であるlin-4遺伝子である。線虫の別の突然変異株であるlin-14遺伝子の発現はlin-4遺伝子によって抑制されるが、lin-4遺伝子の産物は22ヌクレオチドのRNA(リボ核酸)で、通常のリプレッサー(抑制因子)と異なりタンパク質をコードしていない。続いてlet-7遺伝子も同様に小さなRNAをコードしていることがわかり、同様な遺伝子の発現調節システムが線虫では60種類、ショウジョウバエで20種類、ヒトでも30種類と発見され、いずれもRNAの大きさは20~25ヌクレオチドの長さであった。また、シロイヌナズナArabidopsis thaliana(アブラナ科の雑草)で発見された16種類のマイクロRNAのうち半数はコメにも存在し種間での保存性がきわめて高い。
 マイクロRNAをコードする遺伝子から転写された60~70ヌクレオチドのRNAは、ヘアピン型に折りたたまれ、2本鎖になった部分からダイサーdicerとよばれるRNA分解酵素でマイクロRNAが切り出される。マイクロRNAは、数種のタンパク質と会合し、RISC(リスク)(RNA induced silencing complex)とよばれる15S複合体(RNAタンパク複合体)を形成し、マイクロRNAと相補的な塩基配列をもったmRNA(メッセンジャーRNA)によるタンパク質への翻訳(RNAの塩基配列をタンパク質のアミノ酸配列に変換する操作)を阻害する。[菊池韶彦]
『中村義一編『RNAがわかる――多彩な生命現象を司るRNAの機能からRNAi、創薬への応用まで』(2003・羊土社) ▽菊池洋編『RNAが拓く新世界』(2009・講談社サイエンティフィック) ▽L・ハートウェル他著、菊池韶彦監訳『ハートウェル遺伝学』第3版(2010・MEDSI)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マイクロ‐アールエヌエー(micro RNA/mi RNA)
20から25程度の塩基で構成される低分子のリボ核酸RNA)。遺伝情報伝達たんぱく質合成を行わない特殊なRNAで、他の遺伝子の発現を調節し、細胞の発生・分化、および癌化(がんか)などに関与すると考えられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロRNA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイクロRNAの関連情報

関連キーワード

スティーブン スピルバーグ怪獣斎藤史国連加盟年月日ごとの加盟国一覧ラムサール条約北村太郎橋本治南アフリカ共和国日本のラムサール条約登録湿地世界遺産

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation