@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイケルソン干渉計【まいけるそんかんしょうけい】

世界大百科事典 第2版

まいけるそんかんしょうけい【マイケルソン干渉計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

マイケルソン‐かんしょうけい〔‐カンセフケイ〕【マイケルソン干渉計】
1881年に米国の物理学者マイケルソンが考案した干渉計光源からの入射光に対し斜め45度に設置したハーフミラーで透過光と反射光に分け、それぞれの光を反射させて戻ってきた二光線を光源と直角の位置に設置したスクリーンに投影する。スクリーンには光路長の変化に伴う干渉縞が観測され、それを測定する。のちに特殊相対性理論の導出につながる、マイケルソンモーリーの実験に用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイケルソン干渉計
まいけるそんかんしょうけい
Michelson interferometer
アメリカの物理学者マイケルソンによって考案された二光束干渉計。光速度の測定に用いられたことで有名である。
 にマイケルソン干渉計の原理を示す。主要部は、均質なガラスでつくられた2枚の平行平面板P1、P2と、平面反射鏡M1、M2である。P1とP2は平行で、かつ入射光に対して斜め45度傾けて置かれている。P1の裏面は、反射率が50%近くになるように半透明になっている。反射鏡のうち、M2は固定されているが、M1は微動ねじによって前後に移動調節することができる。上方から入射した光は、P1の表面で反射またはそれを透過し、それぞれM1、M2によって反射されP1に戻る。ここでM1からの光はP1で反射されてスクリーンTに向かいM2からの光はP1を透過して同じくTに向かう。平行平面ガラス板P2は、M1に向かった光がP1内で生ずる光路の長さを正確に補償するために挿入されたものである。P1の半透明反射鏡によって、M1の像がM2の近くに、あるいはM2の像がM1の近くにできた場合を考えると、両者が完全に平行ならば等傾角干渉縞(じま)(同心円干渉縞)、少し傾いていると等厚干渉縞(平行線干渉縞)が観測される。M1を前後に移動すると、前者では円形干渉縞が中心から湧出(ゆうしゅつ)、または中心に向かって消滅し、後者では縞が移動する。鏡の移動量が2分の1波長のとき干渉縞1本分が移動するので、鏡の位置の変化、または一方の光路長の変化を波長の数十分の1の精度で検出することができる。マイケルソン干渉計の変形の一つとして、トワイマン‐グリーン干渉計があり、光学素子の検査に用いられている。[尾中龍猛・伊藤雅英]
『D・マラカラ著、成相恭二・清原順子・辻内順平訳『光学実験・測定法』(2010・アドコム・メディア)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

マイケルソン干渉計
マイケルソンカンショウケイ
Michelson interferometer

1881年,A. Michelsonが考案した干渉計.光の波長屈折率の測定などに用いる.図のように,M1 と M2 は鏡,G1 と G2 は平行平面板で G1 の一面はハーフミラーにしてある.光源Sから出た光は G1 で強度の互いに等しい反射光(1)と透過光(2)に分けられ,(1)の光は M1 で反射後 G1 を透過して望遠鏡Eに達し,(2)の光は M2 で反射後,ふたたび G1 で反射してEに達して(1)の光と干渉し,明暗の干渉じまが見られる.Sからの光は図に示した光路を対称軸として広がっているから,干渉じまは明暗の同心円となる.鏡 M1 をレールTにそって動かすとき,それによる(1)の光の光路が1波長変化するごとに中心部の干渉じまは一つずれる.したがって,一定の移動量に対するこのずれの数を数えれば,その光の波長が求められる.また,光路(2)に屈折率n,厚さdの物体を入れたとき,干渉じまのずれの数をΔmとすれば,

(n - 1)d = (Δm)・λ (λは波長)

の関係から屈折率nが求められる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイケルソン干渉計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイケルソン干渉計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation