@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイトナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マイトナー
Meitner, Lise
[生]1878.11.7. ウィーン
[没]1968.10.27. ケンブリッジ
ユダヤ系のオーストリアの女流物理学者。 1906年ウィーン大学で学位取得後,ベルリンに行き (1907) ,ベルリン大学教授 (26) 。 38年ナチスの手からスウェーデンに逃れる。 60年引退してイギリスに渡る。ベルリン時代,O.ハーンとの 30年間にわたる共同研究で,プロトアクチニウムを発見し,核異性体,β崩壊に取組み,数々の業積を上げた。またウラン中性子照射による生成物の研究から,39年それがウランの核分裂によるものであることを明らかにした。 66年エンリコ・フェルミ賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マイトナー【Lise Meitner】
1878‐1968
スウェーデンの女性物理学者。オーストリアのウィーンに生まれ,1901年ウィーン大学に入り物理学を学んだ。05年に不均一物質中での熱伝導についての研究で学位を取得,その後07年にはベルリンに移りM.プランクの下で理論物理学を学んだ。12年カイザー・ウィルヘルム化学研究所に入り,O.ハーンと共同で放射能の研究に従事,17年ウランの崩壊生成物の中から91番元素プロトアクチニウムを発見した。その後単独で,β線のスペクトルとγ線との関連について研究したが,これらの結果はβ崩壊に関するパウリの中性微子仮説提出を促すことになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイトナー
まいとなー
Lise Meitner
(1878―1968)
オーストリア生まれのスウェーデンの物理学者。ウィーン大学を卒業し、ベルリン大学に移り、M・プランクの助手となった。1907年からO・ハーンの下で放射能の研究を開始した。ハーンやその助手F・シュトラスマンとの共同研究は、彼女がナチスの迫害から逃れるためコペンハーゲンに移るまでの30年間続けられた。その成果は、β(ベータ)放射性元素ウラン239、プロトアクチニウム233などの人工放射能の発見として結実した。コペンハーゲンのN・ボーアの研究室に移って数か月後、ハーンとシュトラスマンがウランを中性子で放射した際の生成物中に放射性バリウムを発見したという報告を知り、フリッシュOtto Robert Frisch(1904―1979)とともに「核分裂」という説明を与え、フェルミらによって追試の実験が取り組まれることとなった。のちにスウェーデンのストックホルムの原子核研究所に移り、原子核研究を続けながら若い研究者の養成にあたった。今日この研究所はマイトナー研究所とよばれている。[小林武信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

マイトナー
マイトナー
Meitner, Lise

オーストリア(ユダヤ系)の核物理学者.オーストリア・ウィーン生まれ.1901年ウィーン大学入学,L. Boltzmannのもとで学ぶ.1906年学位取得,1907年ベルリン大学に移り,M. Planck(プランク)の助手となり,O. Hahn(ハーン)と共同研究をはじめる.1912年カイザー・ウィルヘルム協会化学研究所(Kaiser-Wilhelm-Institut für Chemie)の開設にともない,ともに異動して,1918年から同所放射科学・物理部門の長(Hahnは化学部門長)を勤め,1918年Hahnとともにピッチブレンド中にプロトアクチニウム(231Pa)を発見,1934年E. Fermi(フェルミ)がウランの中性子照射で見いだした放射性元素の研究をHahn,F. Strassmannと開始したが,1938年ヒットラーの独襖合併によりスエーデンに亡命を余儀なくされた.Hahnとの連絡はとり続け,Hahnがウランの中性子照射から検出したバリウムが核分裂の結果であることを正しく解釈した.HahnとStrassmannは,1939年1月,かれらの実験結果をNaturwissenschaften誌に発表した.Meitnerが著者名から抜けているのは,政治的考慮からとされるが,HahnがMeitnerの果たした役割を過小評価したためともいわれる.Meitnerも同年,甥の物理学者Otto R. Frischと連名でNature誌に3報を公表し,そのなかで,この現象をはじめて核分裂Nuclear fissionとよんだ.1944年Hahnはノーベル化学賞を受賞したが,Meitnerが入っていないのはノーベル賞委員会の失策とする批判が強く,後年109番元素が彼女の業績の重要さを認めてマイトネリウムと命名された.1938年以降,Meitnerはスエーデン・ノーベル実験物理学研究所に所属していたが,正式のタイトルもなく不遇であった.1947~1960年スエーデン王立工科大学教授を務めた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイトナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイトナーの関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation