@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マイヤーホーフ

デジタル大辞泉

マイヤーホーフ(Otto Fritz Meyerhof)
[1884~1951]米国の生理化学者。ドイツ生まれ。ナチスに追われ渡米。筋肉における乳酸生成などを研究し、筋収縮エネルギー解糖によって得られることを解明した。1922年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マイヤーホーフ
まいやーほーふ
Otto Fritz Meyerhof
(1884―1951)

ドイツ出身のアメリカの生理化学者。ハノーバーに生まれる。フライブルク、ベルリン、ストラスブール、ハイデルベルクの各大学で学び、初めは精神医学や心理学に関心があったが、のちに生理化学に転じ、1918年キール大学教授、1924年ベルリンのカイザー・ウィルヘルム生物学研究所(現、マックス・プランク研究所)生理学部長、5年後にハイデルベルクの同名の研究所の生理学部長になった。その後ナチスのユダヤ人迫害を逃れてフランスに亡命、パリを経て、1940年からアメリカに渡り、ペンシルベニア大学教授となり、フィラデルフィアで死去。初めはウニ卵、細菌、酵母などの呼吸や発酵の研究をしたが、筋肉の乳酸生成量を定量して、そのエネルギー代謝についてイギリスのヒルと共同研究を行い、1922年ノーベル医学生理学賞を2人で受けた。さらに、乳酸の生成過程の研究に発展し、解糖系の解明に進んだ。酵母抽出液中にあるブドウ糖に働く酵素ヘキソキナーゼを発見、その働きにATP(アデノシン三リン酸)が関与することを証明し、筋肉の乳酸生成と酵母のアルコール発酵とが基本的には共通の経路であることを明らかにして、当時認められていたノイベルク説にかわる解糖系を1934年に樹立。この研究にはエムデンとパルナスJakob Karol Parnas(1884―1955)のほか多くの研究者が直接間接に関係しているが、この解糖経路はEMP(エムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス)図式とよばれる。

[宇佐美正一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マイヤーホーフ
(Otto Fritz Meyerhof オットー=フリッツ━) ドイツ系アメリカ人の生化学者。細胞の呼吸と発酵の研究、筋肉伸縮におけるエネルギー変換の生化学的研究などを行なった。一九二二年ノーベル生理学・医学賞受賞。(一八八四‐一九五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイヤーホーフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マイヤーホーフの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎市川崑マキノ雅広木下恵介久松静児ヒューストン(John Huston)ANZUS条約稲垣浩電気事業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation