@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マウマウの反乱【マウマウのはんらん】

世界大百科事典 第2版

マウマウのはんらん【マウマウの反乱】
東アフリカのイギリス植民地ケニアにおいて1950年代に起こった,キクユ族を中心とするイギリス統治反対の武力闘争。ケニア・アフリカ人同盟(KAU)の漸進主義にあきたりない急進派は,51年ころよりホワイト・ハイランドの農業労働者やキクユ地域の貧農の間に闘争組織を拡大したが,これを植民地政府はマウマウMau Mauという名の秘密結社が存在すると考え,その禁止を布告した。52年10月に政府は非常事態宣言を発し,ケニヤッタほかKAUの指導層を逮捕するとともに,本国から派遣されたイギリス正規軍によってゲリラ戦術を展開する反乱勢力を鎮圧した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マウマウの反乱
まうまうのはんらん

1950年代に起こった、ケニアにおける民族解放を目的とする武力闘争。マウマウMau Mauとは、反乱の主勢力となったキクユ人のウマ(宣誓)ということばに由来するといわれる。ケニアでは、第二次世界大戦後、民族独立運動が盛んになり、ケニア・アフリカ人同盟(KAU)の急進派が、ホワイト・ハイランドの農業労働者を中心にイギリスの植民地統治に対する闘争を拡大した。植民地政府は、これをマウマウという秘密結社の活動と考え弾圧を強化した。52年10月には中央州に非常事態宣言が布告され、穏健派のJ・ケニヤッタを含むKAUの指導者を逮捕した。KAU急進派は武装闘争に突入し、政府軍、警察、白人農場などを襲撃し、最盛期には20万人もの勢力に伸長した。55年10月、最高指導者D・キマジガが逮捕され、反乱は終息に向かったが、死者は1万人、逮捕者は3万人に上った。今日では単なる暴動ではなく民族解放闘争と評価されている。

[赤阪 賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マウマウの反乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マウマウの反乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation