@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マウリッツハイス美術館【マウリッツハイスびじゅつかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マウリッツハイス美術館
マウリッツハイスびじゅつかん
Koninklijk Kabinet van Schilderijen (Mauritshuis), Den Haag
オランダの首都ハーグにあり,規模においてはアムステルダム国立美術館に劣るが,質的にはオランダで最も優れた美術館の一つ。運河沿いに立つ建物は,1633~44年にナッサウ=ジーゲン公ヨハン・マウリッツのために,ピーテル・ポストがヤーコプ・ファン・カンペンの設計に基づいて建てたもの。代々のオランニェ公が集めたコレクションを 1820年に国が買い上げ,1822年,美術館として公開した。1889年に美術史家アーブラハム・ブレディウスが館長となり,系統だった収集活動が行なわれて,今日のコレクションの基礎が築かれた。ロヒール・ファン・デル・ワイデン,ハンス・メムリンクに始まり,17世紀のオランダ絵画を中心とするが,特にレンブラント・ファン・レインの『ニコラース・テュルプ博士の解剖学講義』『サウルの前で琴を弾くダビデ』,ヤン・フェルメールの『デルフトの眺望』などは広く知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マウリッツハイス‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【マウリッツハイス美術館】
Mauritshuis》オランダのハーグにある王立美術館。1822年開館。フェルメールレンブラントなどオランダ画家の作品を所蔵する。名称は「マウリッツの家」の意で、建物に17世紀のオランダ領ブラジル総督ヨーハン=マウリッツの邸宅を使用していることから。マウリッツハウス美術館。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まうりっつはいすびじゅつかん【マウリッツハイス美術館】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マウリッツハイス美術館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マウリッツハイス美術館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation