@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マウントバッテン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マウントバッテン
Mountbatten, Louis, 1st Earl Mountbatten of Burma
[生]1900.6.25. バークシャー,ウィンザー
[没]1979.8.27. スライゴ,マラグモア
イギリスの海軍軍人。 1913年海軍に入り,第2次世界大戦中は駆逐艦,航空母艦などの艦長をつとめ,43年5月連合軍東南アジア最高司令官に任命された。これには彼がイギリス国王ジョージ6世の従弟であるための縁故採用であるとの非難がなされたが,日本に占領されたビルマ奪還作戦を成功させた。 46年子爵,47年伯爵。 47~48年インド総督をつとめ,インドとパキスタンの分離,独立への移行を実現させた。 50~52年海軍本部委員長 (軍令部長) ,56年元帥,59~65年国防参謀本部議長。 79年アイルランド共和軍 IRAによって,休養中のヨット時限爆弾を仕掛けられ,暗殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マウントバッテン【Louis Mountbatten,1st Earl Mountbatten of Burma】
1900‐79
イギリスの海軍軍人。ビクトリア女王曾孫。1913年海軍入隊。第2次大戦中の43‐46年東南アジア方面連合軍最高司令官として対日作戦を指揮し,ビルマ(現ミャンマー)奪還などに功績を残した。46年子爵,次いで伯爵。47年3月にウェーベルのあとをうけインド総督に任命され,6月に最終的にインドとパキスタンを分割して独立させる(マウントバッテン裁定)を提示し,これに沿って二つの自治領が成立した。独立後も暫時インド総督をつとめ,のち本国海軍の重要ポストを歴任,59年から退官の65年まで参謀総長をつとめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マウントバッテン
まうんとばってん
Louis Mountbatten, 1st Earl Mountbatten of Burma
(1900―1979)
イギリスの軍人。ビクトリア女王の曽孫(そうそん)として生まれる。1913年に海軍に入り、第二次世界大戦では、東南アジア連合軍最高司令官として、ビルマ(現ミャンマー)を日本から奪回するうえで大きな働きをした。アジア情勢に通じたこの経験を買われて、1947年インド総督に任命され、インド独立に立ち会った。1959年から参謀総長を務めて1965年に退任。1979年8月、保養先でアイルランドのカトリック過激派によって暗殺された。[木畑洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マウントバッテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マウントバッテンの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門パリウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation