@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マオタイチウ【まおたいちう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

マオタイチウ
まおたいちう / 茅台酒
中国の代表的な蒸留(白酒(パイチウ))。貴州省茅台原産。日中国交回復のパーティー(1972)の檜(ひのき)舞台に登場して一躍有名となった。麦、小豆(あずき)を粗砕し、水で練り固めてつくった麹(こうじ)(きょくし))と蒸したコウリャンと少量の水で半固形のもろみをつくり、穴蔵の発酵槽(窖子(ジャオツ))で密閉発酵させて蒸留し、これを甕(かめ)に入れて長期間貯蔵熟成させる。発酵に9か月、熟成には2~3年を要する。アルコール分は60%前後、密閉発酵法による強烈な香りが特色である。この香りの成分には、カプロン酸、カプリン酸など高級脂肪酸のエチルエステルや、酢酸エチル、酢酸イソアミルなどのエチルエステルが多く、日本の焼酎(しょうちゅう)やウイスキーの香りの成分と異なっている。[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マオタイチウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マオタイチウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation