@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マクシミヌス・ダイア

世界大百科事典 第2版

マクシミヌス・ダイア【Gaius Galerius Valerius Maximinus Daia】
?‐313
ローマ皇帝。在位305‐310年(副帝),310‐313年(正帝)。ガレリウスの甥で副帝に取り立てられる。シリア,パレスティナ,エジプトを統治。キリスト教徒迫害政策を受け継ぎ,多くの教徒を処刑し,また鉱山労働に服させた。ローマ宗教の復興に努め祭司団を組織し,宗教教育を行った。迫害が理由とされて西方の皇帝と対立し,リキニウスの進攻に敗れてのち,キリスト教寛容令を発してから没した。【松本 宣郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マクシミヌス・ダイア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクシミヌス・ダイアの関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)議決権初期キリスト教美術マクシミヌス懐帝ミルチアデスガレリウスガレリウスコンスタンティウス(1世)初期キリスト教建築

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation