@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マクシミヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マクシミヌス
Maximinus, Gaius Galerius Valerius
[生]? イリュリクム
[没]313. タルソス
ローマ皇帝 (在位 308~313) 。蛮人との混血で元来は Daia (または Daza) といった。ガレリウス帝の甥。牧人から軍人に取立てられ,305年副帝となり,シリアエジプトを支配。 308年ガレリウスがリキニウスを正帝とすると,みずからも正帝位を宣し,ガレリウスの死後小アジアをも支配。この間激しくキリスト教を迫害し,教徒鉱山に送り,都市に反キリスト教嘆願書を出させ,ローマ宗教制度の組織を再建するなど積極的な宗教政策を行なった。 313年リキニウスの支配するトラキアに侵入して敗れ,リキニウスが東方の正帝となった。キリスト教迫害停止の寛容令を発したあと,タルソス (小アジア南岸) で死んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクシミヌス
Maximinus, Gaius Julius Verus
[生]173
[没]238.5.10. アキレイア
ローマ皇帝 (在位 235~238) 。トラキア人の羊飼い出身。皇帝アレクサンデル・セウェルスに見出され,ライン軍団の幹部となり,235年アレクサンデルが殺されたとき,ライン軍団に推されて即位。ドナウ,ライン地方に転戦。道路再建に努めた。大土地所有者からきびしく徴税したため,元老院反感を買い,その画策によってアフリカ,イタリアで反乱を起され,アルプスを越えて鎮圧におもむいた際,部下の兵士に殺された。彼をもっていわゆる軍人皇帝時代が始る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクシミヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクシミヌスの関連情報

関連キーワード

議決権初期キリスト教美術懐帝マクシミヌス・ダイア初期キリスト教建築六朝時代犬挟峠キリスト教美術コンスタンティヌス(大帝)シャハブ3弾道ミサイル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation