@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マクシミリアン[1世]【マクシミリアン】

世界大百科事典 第2版

マクシミリアン[1世]【Maximilian I】
1459‐1519
ハプスブルク家出身のドイツ国王(在位1486‐1519),神聖ローマ皇帝(在位1493‐1519,ただし戴冠は1508)。父帝フリードリヒ3世の生存中からハプスブルク家の政策に関与し,慎重な父親とは異なる果敢な行動で人々の注意をひいた。1477年ブルゴーニュ公女マリアと結婚,その遺領とともにネーデルラントを得るが,そのためにフランスとの抗争に巻き込まれた。90年以降チロルを獲得,ハンガリー王マーチャーシュ1世の死(1490)後ハプスブルク世襲領の回復に成功,91年のプレスブルク和議でボヘミア,ハンガリーの王位に対するハプスブルク家の継承権を獲得した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マクシミリアン[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクシミリアン[1世]の関連情報

関連キーワード

マクシミリアン1世マクシミリアンマクシミリアン1世コロンブスハプスブルク家マクシミリアン(1世)マクシミリアン(1世)コロンブス上原元秀

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation