@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マクシム機関銃【マクシムきかんじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マクシム機関銃
マクシムきかんじゅう
Maxim machine gun
H.マクシムが開発した世界最初の完全な自動式機関銃。マクシムの構想の画期的な点は,発射の際の反動力を遊底機構の全動作の原動力として利用したところにある。この発案によって単銃身で自動的に装填し発射のできるまったく新しい兵器が生れた。 1883年に特許をとった最初の機関銃は,口径 7.7mm,重さ 60kg,1分間に約 600発を発射した。 1880~90年代にマクシム機関銃はイギリス,スイス,ドイツなどで広く採用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクシム機関銃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクシム機関銃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation