@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マクロ経済学【マクロけいざいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マクロ経済学
マクロけいざいがく
macroeconomics
国民所得理論に基づいた消費,投資などの集計量を用いて国民所得の決定を論じるもので,巨視的経済学ともいう。個別財の価格と数量の関係を,経済主体行動を基礎にして分析するミクロ (微視的) 経済学と対照をなす。 1930年代,J.M.ケインズ主著雇用・利子および貨幣の一般理論』により確立された。所得分析ともいう。 (→ケインズ革命 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

マクロ経済学
1930年代に、英国のケインズがケンブリッジ大学の同僚と建設した新しい経済学。ミクロの経済行動とは別に、所得、雇用、投資、貯蓄のような社会的集計概念の関数関係を用いて、当時の大恐慌に対する処方箋を提示しようとした。ハロッド(英)による経済成長論はケインズ経済学の動学化である。第2次世界大戦後、マクロ経済学の舞台は米国に移り、いわゆるケインジアン・マネタリスト論争を引き起こした。ここまでを、ミクロ的な基礎付けを持たないということで古いマクロ経済学ということがある。一方、新しいマクロ経済学は、ミクロ経済学同様に消費者の効用最大化、企業の利潤最大化を基礎において経済成長理論や景気循環理論を構築しようとする(新しいマクロ経済学参照)。このように、現在マクロ経済学は分裂的状況にあり、大学の学部レベルの授業では主に古いマクロ経済学を学び、大学院レベルで主に新しいマクロ経済学(ミクロ的マクロ経済学)を学ぶ。
(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

マクロ‐けいざいがく【マクロ経済学】
国民所得・投資・消費・貯蓄などの集計値概念を駆使して経済全体を分析する経済学。巨視的経済学。⇔ミクロ経済学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マクロけいざいがく【マクロ経済学 macro‐economics】
現代の経済理論はミクロ経済学(微視的経済分析)とマクロ経済学(巨視的経済分析)に大別される。ミクロ経済学は,消費者や企業という経済活動の意思決定主体の行動の分析からはじめて,社会の経済活動の営まれるメカニズムを分析する経済学の分野である。それに対しマクロ経済学は,国民経済を巨視的にとらえて,国民総生産,雇用量,失業率,インフレ率物価水準等のマクロ量が決定されるメカニズムを分析する。経済学はそれが科学としての体裁を整えるようになってから起算して200年に余る歴史をもつが,比較的最近まではミクロ経済学がその中心であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マクロけいざいがく【マクロ経済学】
国民所得や国全体の投資・消費・輸出入といった集計概念を用いて、失業率・インフレなど経済全体に関わる問題を分析する経済学。市場機構の不備を経済政策によっていかに補うかが中心的課題となる。巨視的経済学。 ⇔ ミクロ経済学

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マクロ経済学
まくろけいざいがく
macroeconomics
国や特定経済圏といった巨視的(マクロ)視点から、政府、企業、家計という経済主体の動きを明らかにし、貧困や失業を減らし、人々が豊かに暮らしていくための解決策を考察する学問。国内総生産(GDP)、所得、投資、貯蓄、消費、通貨供給量、利子率、物価、失業率、為替(かわせ)相場、国際収支などを変数にとって最適な経済モデルを設定し、分析・実証する手法をとる。経済学で、個々の人々や個別企業の微視的(ミクロ)動きから分析するミクロ経済学と並ぶ大きな柱となっている。
 古典派経済学では、供給が自ら需要を生み出して市場は均衡し、完全雇用が実現されるというセーの法則が信じられていた。しかし世界恐慌後、イギリスの経済学者、J・M・ケインズは1936年に『雇用・利子および貨幣の一般理論』を発表。市場に任せただけでは失業が発生し、政府による適切な市場介入(財政支出と減税)で有効需要を創出する必要があると訴えた。このケインズ革命以降、1970年代までケインズ経済学がマクロ経済学の主流をなし、各国の経済・財政政策に大きな影響を与えた。
 だが石油危機を経て、ケインズ経済学に基づく総需要管理政策に疑問が呈される。1970年代にアメリカ人経済学者R・E・ルーカスは裁量的な財政・金融政策は家計や企業の合理的予想(期待)で相殺されて無効となるという合理的期待形成仮説を発表。アメリカ人経済学者のE・C・プレスコットらの研究「Rules Rather than Discretion:The Inconsistency of Optimal Plans」(裁量よりもルール――最適計画の非適合性)も加わり、新しい古典派New classical economicsがマクロ経済学の主流となった。その後、市場の失敗が起こる要因(情報の非対称性、賃金や物価の硬直性など)を重視し、これを是正するマクロ政策を再構築しようとするニュー・ケインジアン経済学new Keynesian ecomonicsが台頭、アメリカのオバマ政権などに大きな影響を及ぼしている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マクロ‐けいざいがく【マクロ経済学】
〘名〙 国民所得・投資・消費・輸出入などの集計概念を用いて、一国全体の経済の動きを分析し、さらに財政・金融政策がどのような効果を及ぼすかを分析する経済学。⇔ミクロ経済学

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクロ経済学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マクロ経済学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation