@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マグサイサイ賞【マグサイサイショウ】

デジタル大辞泉

マグサイサイ‐しょう〔‐シヤウ〕【マグサイサイ賞】
アジア地域で社会に貢献した個人や団体に贈られるフィリピンの元大統領マグサイサイにちなみ、1957年に創設アジアノーベル賞と称される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マグサイサイ賞
まぐさいさいしょう
Ramon Magsaysay Award

アジアの地域社会に貢献した個人や団体を表彰する賞。フィリピンの大統領ラモン・マグサイサイの功績をたたえて設立された。正式名称はラモン・マグサイサイ賞。アジアの「ノーベル賞」ともいわれている。1957年3月に突然の事故によって、49歳で死去したマグサイサイの清廉で正義感に富んだ政治姿勢や多くの功績を後世に伝えるため、ロックフェラー・ブラザーズ基金(本部・アメリカ、The Rockefeller Brothers Fund)の出資で1957年4月に設立されたラモン・マグサイサイ賞財団(Ramon Magsaysay Award Foundation、RMAFと略される)によって運営されている。マグサイサイ賞はアジア地域が抱える社会的課題の解決や平和と連帯などの公共における業績や成果を重視し、6部門の賞を設けている。(1)政府(Government Service)。(2)社会奉仕(Public Service)。(3)社会指導(Community Leadership)。(4)報道・文学・創造的情報伝達(Journalism, Literature and Creative Communication Arts)。(5)平和・国際理解(Peace and International Understanding)。(6)新興指導者(Emergent Leadership)。6番目の新興指導者部門はフォード財団(本部・アメリカ、The Ford Foundation)の助成を受け、2000年に設けられた、新人賞ともいえる新たな賞である。地域の社会変化によって生じた課題に取り組み、際だった業績をあげた40歳以下の個人に贈られている。

 1958年の第1回表彰以来、おもな受賞者に第14代ダライ・ラマ(1959年受賞、社会指導)や、マザー・テレサ(1962年受賞、平和・国際理解)などがいる。黒澤明(1965年受賞、報道・文学・創造的情報伝達)、緒方貞子(おがたさだこ)(1997年受賞、平和・国際理解)など、日本人の受賞者も多い。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグサイサイ賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグサイサイ賞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation