@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マグナカルタ

デジタル大辞泉

マグナ‐カルタ(Magna Carta)
1215年、イングランド王ジョンが封建貴族たちに強制されて承認、調印した文書前文と63条からなり、国王の徴税権の制限、法による支配などを明文化し、王権を制限、封建貴族の特権を再確認したもの。権利請願権利章典とともに英国立憲制の発展に重要な役割を果たした。大憲章

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マグナ‐カルタ
(Magna Carta) 一二一五年、イングランド王ジョンが貴族たちに強制されて承認した特許状。イギリス憲法を構成する重要文書の一つ。「大憲章」と訳される。前文と六三条から成り、国王の徴税制限、人身の自由、不当な裁判による逮捕・財産没収・追放の禁止などを骨子とする。本質的には王権の制限、貴族の特権の確認で、一般人民の自由を規定したものではない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マグナカルタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグナカルタの関連情報

関連キーワード

イギリスラテラノ公会議マグナ・カルタインノケンチウス3世マグナ・カルタ栄西ジョン大休正念天灯鬼ハルトマンフォンアウエ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation