@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マグナ・カルタ

世界大百科事典 第2版

マグナ・カルタ【Magna Carta[ラテン]】
イギリスで1215年6月15日付で発布された63ヵ条の法で,その後たびたび再発行および確認されている。イギリス憲法の一部とされ,しばしば〈大憲章〉と訳される。マグナ・カルタを論ずる際には,それが1215年の発布当時に有していた意義と,それ以後今日まで立憲政治の上で果たしてきた意義とを明確に区別するがある。 マグナ・カルタは直接的には当時のイギリス国王ジョン失政をきっかけにして発布された。すなわち,ジョンは父王,兄王から継承したフランス内の領土をフランス王に奪われ,一方では戦費調達のため財政改革をし,苛斂誅求(かれんちゆうきゆう)を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マグナ・カルタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグナ・カルタの関連情報

関連キーワード

イギリスラテラノ公会議インノケンチウス3世マグナ・カルタ栄西ジョン大休正念天灯鬼ハルトマンフォンアウエ忽必烈

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation