@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マグネンティウス

世界大百科事典 第2版

マグネンティウス【Flavius Magnus Magnentius】
?‐353
ローマの簒奪帝。在位350‐353年。蕃族の出身でローマ軍に入隊して頭角を現して将軍となったが,350年,アウグストドゥヌム(現,オータン)で反乱を起こし,コンスタンス帝を殺させ,皇帝を僭称し,ガリアを中心とする帝国西部を支配した。しかし財政政策の失敗,異教徒優遇策などによりコンスタンティウス2世と対立し,351年ムルサの戦に敗れ,2年後,ガリアで自殺した。【秀村 欣二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マグネンティウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マグネンティウスの関連情報

関連キーワード

合意制度即決裁判手続マグネンチウスマル優制度検察官(司法)マウソロスオルソクロマチック自白ユスティナアルテミシア2世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation