@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マケドニア朝【マケドニアちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マケドニア朝
マケドニアちょう
Macedonian Dynasty
ビザンチン帝国最盛期の王朝 (867~1056) 。創始者バシリウス1世に始り,女帝テオドラにいたるまで 16人の皇帝輩出。国内的にはテマ制度の完成期を迎え,法制度も整い (870~879年のプロケイロン,887~893年のバシリカ法典) ,大土地所有者層に対する中小農民の保護政策が実施され,文化的にもコンスタンチヌス7世治下のマケドニア朝ルネサンスが起るなど一大繁栄期を迎えた。対外的には一時ブルガリアのシメオン王に苦しめられたが,王の死 (927) 後,バルカン半島は平静となった。さらにメソポタミアアルメニアキプロスなどを奪還し,11世紀前半にはユスチニアヌス1世以来の大領土を帝国領とした。宗教的には第8回公会議 (869) でフォチオス事件に決着をつけ,再びローマ教会と和解,957年にはキエフ公国の女帝オルガが受洗して,帝国の文化圏は一層拡大した。しかし王朝末期には国内の封建化が進み,内乱続発,対外的にはドナウ川以北の異民族の来襲,宗教的にはローマ・カトリック教会との決定的な分裂 (1054) などの諸難問を次代に残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まけどにあちょう【マケドニア朝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

マケドニア朝
まけどにあちょう
ビザンティン帝国最盛期の王朝(867~1056)。バシレイオス1世に始まり、バシレイオス2世を頂点とし、女帝テオドラに至る。この王朝の統治下でテマ制(軍管区制)が完成期に入り、内政、外政ともに充実期を迎えた。国防の担い手であるテマ兵士の増加は、納税者層の中核をなす中小自由農民層の増加ともなり、経済力の増大を意味した。対外的にもブルガリア、シリア、メソポタミア、キプロスなどをふたたび帝国領とした。レオン6世は、『ローマ法大全』のギリシア語による改訂版ともいえる法律全集『バシリカ』60巻を刊行、中世ビザンティン帝国の法体系を整備した。文化的には、コンスタンティノス7世を中心に古典ギリシア以来のあらゆる領域に及ぶ文化遺産の収集、整理、研究が行われ、一大文芸復興運動(マケドニア・ルネサンス)が起こった。宗教界では、第8回公会議(869)で、俗人の学者フォティオスが皇帝により総主教に任命されたことによりローマ教皇との間に起きた「フォティオス論争」に決着がつき、フォティオス総主教の解任をもってローマ教皇との和解が成立した。ギリシア正教は、国内ではアトス修道院群の繁栄、国外ではキエフのウラジーミル王の受洗と国教化により大いに栄えたが、カトリック教会とは、ローマ教皇の首位権、南イタリア教区の管轄権、教義・典礼および慣習の相違により、東西教会の大分裂を起こした(1056)。両教会は以後今日まで分裂状態にある。バシレイオス2世の死後は、プロノイア制の浸透、テマ制の崩壊とともにその中央集権制度が崩れ、国内に混乱が起きるに至った。[和田 廣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マケドニア朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マケドニア朝の関連情報

関連キーワード

フォティオスミカエル3世サッファール朝ニコラウス1世ニコラウス[1世]バシリウス1世ヤークーブ・イブヌル・ライスアナスタシウスバシレイオス(1世)ユダ王国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation