@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マケマケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マケマケ
Makemake
太陽系の冥王星軌道より遠い外縁で太陽のまわりを公転している準惑星。アメリカ合衆国カリフォルニア州のパロマ山天文台で天文学者らに発見され,当初は 2005 FY9という仮符号をつけられたが,発見日が 2005年のイースター(→復活祭)から数日後の 3月31日であったことにちなみ,イースター島のポリネシア人住民の創造神マケマケの名を冠された。直径 1500kmの大きさがあるため重力の作用で球形をしている。306年周期で太陽をまわり,表面の色は赤っぽい。2008年に準惑星および冥王星型天体プルートイド plutoid)に分類された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マケマケ(Makemake)
準惑星の一つ。太陽系外縁天体冥王星型天体に属す。2005年、アメリカの研究チームが発見し、2008年に準惑星に分類された。名の由来イースター島神話の神。冥王星より外側の軌道を公転し、直径は冥王星よりやや小さいと思われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マケマケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マケマケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation