@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マサン(馬山)市【マサン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マサン(馬山)〔市〕
マサン
Masan
韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道の南部にある工業都市。 1949年市制。チンヘ (鎮海) 湾の支湾であるマサン湾の湾奥にあり,良港を擁する。新羅時代には骨浦と呼ばれ,軍事,商業の要地であった。高麗時代に合浦となり,元の2度にわたる日本侵攻に際して出港地となった。李氏朝鮮では南岸最大の漁港で,海産物市場で知られていた。豊臣秀吉の朝鮮侵攻で上陸地の一つとなった。顕宗の代から租米積出港としてもにぎわった。光武3 (1899) 年開港して外国人居留地が設けられ,同年4月ロシアの南下政策により日本と馬山浦事件を引起した。 1910年の日韓併合以後は日本人の居留が多かった。古くから水質のよさを生かした醸造業が盛んで,特に醤油で知られている。 70年韓国最初の輸出自由地域が設置され,機械,電機,電子,繊維,窯業などの中小工場群が建設された。市街は漁港を中心とするク (旧) マサン,旧日本人居留地で官公庁地区のシン (新) マサン,工場の集中するプク (北) マサンに分れる。面積 72km2。人口 49万 6639 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マサン(馬山)市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マサン(馬山)市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation