@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マザーグース

世界大百科事典 第2版

マザーグース【Mother Goose】
イギリスの伝承童謡集の俗称イギリスでは〈nursery rhymes(子ども部屋の歌)〉と呼ぶのが普通。この俗称の起源は,1765年ころニューベリーJohn Newberyが出版した童謡集《がちょうおばさんの歌Mother Goose’s Melody》にあるといわれる(この書名には1697年に出版されたフランスC.ペローの童謡集の副題《がちょうおばさんの物語Contes de ma mère l’Oye》の影響があるだろう)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

マザーグース【Mother Goose】
イギリス古来の伝承童謡集の通称。ロンドンの出版業者ニューベリーが一八世紀に出版した童謡集 Mother Goose's Melodies(がちょうおばさんの歌)に由来。英米で広く親しまれている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マザー‐グース
(Mother Goose 鵞鳥(がちょう)おばさんの意) イギリスの伝承童謡集。一八世紀後半ジョン=ニューベリーによって Mother Goose's Melody として集大成された。「メリーさんの羊」「ロンドン橋」などは日本でも広く知られている。「マザーグース」の名は、メアリー=クーパーが一七四四年にロンドンで出版した子ども向けの小型本に用いたのが最初。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マザーグース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マザーグースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation