@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マザーリング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

マザーリング
mothering
親が母性愛に基づいて,抱く,あやす,話しかけるなどの愛撫や世話を子供にすること。父性愛に基づくものをファザーリング fatheringという。マターナル・ケア (maternal care) とほど同義で用いられている。現在では乳児に限らず,母親に対するマザーリング (マザーリング・ザ・マザー) も重視されている。特に核家族化が進行するなかで,妊娠,出産,育児などを夫や経験豊かな女性が精神的,肉体的にマザーリングすることにより,母子相互作用に良い影響を与えるドゥーラ効果の必要性が高まっている。十分にマザーリングを受けた母親はそうでない母親に比べて母乳育児の成功率が高いという報告もあり,その有効性が確認されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

マザーリング
まざーりんぐ
mothering

母親が乳幼児を抱いたり温かい世話をすることをいい、「母性的な養護」ともよばれている。それは、子供好きで、子供とともにいて楽しいという母親によって実現される。その結果、子供の情緒は安定する。一方で自主性の発達が援助されていれば、子供はしだいに母親から離れて、とくに3歳から4歳にかけては、友達と積極的に遊ぶことができるようになる。しかも、友達を受け入れる気持ちが育っているから、友達が多く、ともに楽しく遊び、社会性の発達が促される。しかしマザーリングに欠ける状況に置かれた子供では、情緒の発達が遅れることが多く、思いやりの乏しい子供になるばかりでなく、いわゆるいじめっ子になり、弱い子供をいじめ、それが残酷になることもある。家出をしたり非行に走る子供にも、過去においてマザーリングに欠けていることが非常に多い。

[平井信義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

マザーリング(mothering)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マザーリング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マザーリングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation