@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

マシニングセンター

大辞林 第三版

マシニングセンター【machining center】
複合 NC 工作機械の一。多種・多数の工具の自動交換装置を備え、コンピューターの制御により多様な加工を全自動で行う。 MC 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

マシニングセンター
コンピューター制御により、工具を自動交換しながら金属切削研削など複合的な精密加工ができる工作機械自動車部品やプレス機の金型など、様々な機械部品の製作に使われる。日本工作機械工業会によると、日本製が世界のトップシェアを占めており、07年の輸出台数は1万1621台。
(2009-03-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

マシニング‐センター(machining center)
多数の工具を備え、これらの着脱を自動的に行って、各種の切削加工を行う数値制御工作機械MC

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

マシニングセンター【machining center】
コンピューター制御による複合切削工作機械。自動工具交換装置automatic tool changer(略称ATC)のツールマガジンの中に,加工に必要な多数の工具(正面フライス,中ぐり工具,エンドミル,ドリルなど)をあらかじめ用意しておき,加工手順に応じて主軸の工具を数値制御指令で自動的に交換して加工を行うことが特徴である。 数値制御工作機械がアメリカのマサチューセッツ工科大学で初めて開発されたのが1952年であり,その後工作機械の数値制御(NC)化が進む中で,アメリカで自動工具交換装置付きの工作機械が開発され,これに対してマシニングセンターの名称が与えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

マシニングセンター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

マシニングセンターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation